編集部ブログ
2019年12月 6日 10:00

日本遺産「炭鉄港」の「鉄」の部分を演劇で楽しむ
舞台「鐵の人」の札幌&室蘭公演が決定!!

みなさんこんにちは!
胆振日高担当の千葉です、バーチーです!!

北海道で「鉄のまち」と言えば...?
そう室蘭市ですね!あの頃テストに出ましたね!
日本製鉄や日本製鋼所など、名だたる製鉄企業が現在もガンガン稼働中です。

1.jpg
▲春になったら工場群を海から眺められるクルーズもおすすめです!

でもなんで室蘭市が鉄のまちになったのか、ご存知ですか?
バーチーはわかりません笑!
ナンカ?テツトカ?タクサントレタノカナー!

なんと、その答えが詰まった演劇が、この12月に札幌と室蘭で公演されます。
その名も『鐵の人~室蘭製鉄の祖 井上角五郎の半生~』

2.jpg
▲角五郎さんは福沢諭吉の弟子でもあったとか

角五郎さんの八面六臂の大活躍によって、室蘭に製鉄の火がともるまでの
紆余曲折とヒミツが続々明かされます。
どんなヒミツかは劇場でお確かめください!わたしも確かめたい!

実はこの『鐵の人』、初公演はすでに昨年成功させているそうです。
5月の「炭鉄港」日本遺産認定を記念して、今年は昨年の内容に夕張炭鉱発見までの
冒険譚のエピソードを追加!さらに物語の厚みが増しているそうなので、
昨年見たことがある方も要チェックですよー!!

3.jpg
▲昨年の公演のようす

4.jpg
▲真剣な練習風景

主催は室蘭VOXという団体で、代表のNIWAさんは室蘭市出身。
東京の劇団に所属する側ら、西胆振で継続的に演劇を行なっていきたいと、
室蘭VOXを立ち上げました。
ちなみに「鐵の素クッキー」で話題の室蘭のお菓子屋さん「ナニナニ製菓」は、
NIWAさんのご兄弟。

プロのキャストだけでなく、市民キャストやボランティアも数多く参加している、
「地産演劇」とでも呼びたくなる素敵な活動なのです。

5.jpg
▲公演前

6.jpg
▲公演後

地域の魅力を伝える演劇「鐵の人」、札幌公演は12/18(水)、19(木)の2日間。
バーチ―的にもかなり気になります!!

↓詳しくはこちら↓
公式webサイト
札幌演劇情報サイトd-sap


―――――――――――――――――――――――――――――
■公演スケジュール

・札幌道新ホール
12/18(水)18:30開演 
12/19(木)14:00開演

・室蘭市市民会館
12/12(木)14:00開演 
12/13(金)18:30開演

■チケット

一般前売 2,000
高校生以下 前売 1,000
※当日500円増し、未就学児無料

・道新プレイガイド(0570-00-3871
WEB購入:https://doshin-playguide.jp/products/detail.php?product_id=1382

市民交流プラザチケットセンター(北1西1:市民交流プラザ2階)


トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/6839