編集部ブログ
2020年3月10日 19:05

冬や春にこそ楽しめる北海道の「旬」。
北海道の知られざる魅力に大注目!-Vol.1-
~美味旬旅ほっかいどう2019~

日本の中でも有数の観光地「北海道」。
その中でも、冬や春だからこそ出会える北海道の""をご存知でしょうか?
今回、その知られざる魅力を体験出来ると聞き、
「公益社団法人 北海道観光振興機構」様が主催される34日のモニターツアーに参加してきました。
道東~道北エリアを思う存分楽しませていただきましたので、
その魅力をどどん!と2回の投稿に分けてご紹介致します!
皆さんはこの時期ならではの北海道の旬、いくつご存知でしょうか?^^


-----------------------------------------
34日、こんなところに行ってきました!/
▼ツアーバスに貼られていた行程MAP。道民でもなかなか体験出来ない大移動の旅!
マップ.jpg

この投稿では、1日目と2日目をご紹介!

【1日目】
①釧路市:炉ばた煉瓦(夕食)
※参加出来なかったのですが、札幌~釧路間は下記行程で旅をしたそうなので参考までに♪
札幌発~清水町:とかち亭(昼食)~帯広市:ばんえい十勝(ばんえい競馬場バックヤード体験)
~池田町:エゾレザーワークス(見学)
②釧路市:釧路で生まれたご当地グルメ「さんまんま」(買い物)
③釧路市:釧路プリンスホテル(宿泊)
【2日目】
①釧路市:マーシュ&リバー(ウィンターカヌー体験)
②弟子屈町:食堂と喫茶poppotei(昼食)
③弟子屈町:硫黄山(見学・買い物)
④小清水町:ほがじゃ小清水北陽工場(見学・買い物)
⑤網走市:湯沸湖 水鳥・湿地センター(見学)
⑥網走市:ホテル網走湖荘(宿泊)
【3日目】
①網走市:コネクトリップ(ヒンメリ作り体験)
②湧別町:龍宮台展望公園(景観)
③湧別町:かみゆうべつ温泉チューリップの湯(昼食)
④紋別市:オホーツクとっかりセンター(見学)
⑤雄武町:オホーツク温泉ホテル日の出岬(宿泊)
4日目】
①興部町:ノースプレインファーム(買い物)
②西興部村:鹿牧場公園(見学)
③西興部村:森の美術館(キーホルダーづくり体験)
④士別市:羊と雲の丘レストラン羊飼いの家(昼食)
⑤旭川市:三浦綾子記念文学館(見学)
-----------------------------------------


=====1日目=====

■釧路市:炉ばた煉瓦(夕食)

夕方に釧路へ到着後、ここに連れて行っていただきました。
釧路の夜を楽しむなら"炉ばた"
中でも「炉ばた煉瓦」では山海の幸を"セルフ炉ばた"できることで人気のお店とのことです!

1日目2.jpg1日目4.jpg
1日目3.jpg

楽しい仲間と囲む炉ばたは最高ですね!
お土産や海鮮が楽しめる人気観光施設「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」の目の前にあるので、
場所が分かりやすいのも嬉しいですね。

また、こっそりこれも食べちゃいました。

■釧路市:釧路で生まれたご当地グルメ「さんまんま」(買い物)

1日目1.jpg

脂がのった肉厚のサンマと、もちもち食感の炊き込みご飯が絶妙なコラボ!
口に入れた瞬間サンマの甘みがジュワ~っと広がって、人気なのも頷ける逸品でした!

■釧路プリンスホテル(宿泊)
その後、高層階からの眺めが良く、お部屋も綺麗な釧路プリンスホテルに宿泊。
400室もあり大きなホテルで、ゆったり寛げました。


1日目はこれにて終了♪
※途中参加だったので私は立ち寄れませんでしたが、十勝エリア清水町の「とかち亭」で
『牛とろフレーク丼』のランチ、帯広市の「ばんえい十勝」で『ばんえい競馬場のバックヤード見学』、
池田町の「エゾレザーワークス」の見学も立ち寄ったそうです!


=====2日目=====

■釧路市:マーシュ&リバー(ウィンターカヌー体験)
これまでカヌー体験をしたことはあっても、冬のカヌーは未体験。
という方も多いのではないでしょうか?
冬の寒い北海道で体験するカヌーは、体験するまで少し不安でしたが、
マーシュ&リバーでは安全対策・防寒対策もしっかりしているので安心。
※マーシュ&リバーでは「ドライスーツ」の着用をおすすめされています
冬の釧路川は、思った以上に穏やかでゆっくり。
"冬ならではの北海道の自然"を楽しめる貴重な体験となりました。

▼雪が降っている中のカヌー体験。ワクワク感を増長させます!
2日目2.jpg2日目4.jpg

▼釧網線の高架下をカヌーで通ります。タイミングが合えばSL冬の湿原号を下から見られるかも!
2日目5.jpg

▼オジロワシに出会えました!運が良ければタンチョウが姿を見せてくれることもあるそう。
2日目7.jpg

▼カヌーガイドさんが同乗して、野鳥や釧路のことについて優しく教えてくれます。
2日目6.jpg

▼カヌー体験が終わった後の、ホットコーヒーとチョコレートのサービスが嬉しい♪
2日目8.jpg

■弟子屈町:食堂と喫茶poppotei(昼食)
大満足でカヌー体験を終え、次はランチに。
摩周駅から徒歩1分のpoppoteiさんにお邪魔しました。

2日目9.jpg
※貸し切りだったので看板は「close」になっています

2日目10.jpg2日目11.jpg

ストーブで温まった店内で、甘辛いタレに黒胡椒がきいた豚丼と暖かいかじか汁のセットをいただきました。
冷えた身体に染み渡ります。
そして、弟子屈町と言えば温泉!摩周駅には、駅前に足湯があるのも嬉しいポイント♪
ドライブ休憩にはおすすめのスポットです。

■弟子屈町:硫黄山(見学・買い物)
弟子屈町の観光スポット「硫黄山」。冬でも大迫力の硫黄山を眺められます。

2日目12.jpg

近くには「硫黄山レストハウス」があり、軽食やお土産も購入できるので立ち寄りました。

2日目15.jpg

▼硫黄山の源泉で蒸した温泉たまごの販売も。ガムテープを使った斬新な殻のむき方を教わりました!
2日目13.jpg2日目14.jpg

■小清水町:ほがじゃ小清水北陽工場(見学・買い物)
小清水町の有名なお土産、「ほがじゃ」。
小清水町産じゃがいもでんぷんをベースに、
海と畑から生まれた美味しい素材をたくさん練り込んだおせんべいです。
「ほたて」「えび」「こんぶ」の3種類があります。

ほがじゃ-メイン-.jpg

今回は、ほがじゃの作り方や生い立ちを学ぶことが出来る工場にお邪魔しました。

VTR視聴や、作業の見学が出来ます
2日目16.jpg2日目18.jpg

VTR視聴中には、嬉しい試食も!
2日目17.jpg

▼旧北陽小学校の校舎を活用した工場なので、子供たちの絵で彩られた内装も素敵でした
2日目17-2.jpg

見学の後は、もちろんたくさんお土産を購入♪
試食させていただいた「CHEESE IN PUFF」がとっても美味しくて、
ほがじゃ3種類と共に追加購入してしまいました!

■網走市:湯沸湖 水鳥・湿地センター
帰り道に、2005年にラムサール条約登録湿地となった湯沸湖を見学できる施設へ立ち寄り。

2日目20.jpg

▼中には湯沸湖から見られる絶景や野鳥など様々な写真が飾られていました
2日目23.jpg2日目24.jpg

▼外に出ると念願のタンチョウに出会えて、一同大興奮!
2日目21.jpg2日目22.jpg

■網走市:ホテル網走湖荘(宿泊)
体験や見学など、盛りだくさんだった2日目。
宿泊は、網走湖畔に佇む「ホテル網走湖荘」さんにお世話になります。
女満別空港からも近く、網走湖畔温泉が楽しめる、道東旅行の拠点にぴったりの施設です。

▼広々としたロビーからは、雄大な網走湖が眺められます
2日目26.jpg

▼美味しい夕食と共に、旅の思い出話に花が咲きました
2日目27.jpg2日目28.jpg

2日目はこれにて終了。
大満足の34日モニターツアー、まだまだ続きます!


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
ちょっとディープな北海道の情報を探すなら、こちらのサイトがおすすめです。
美味旬旅ほっかいどう
https://www.visit-hokkaido.jp/bimisyuntabi/

※ご紹介した情報は期間限定の体験なども多く含まれている為、詳細情報確認のうえお出掛けください。
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/6939