HOKKAIDO
JALAN
Recruiting 2020

System

社内制度

v

社内表彰制度

3カ月毎にその期間で頑張った人を全社員の前で、表彰する機会があります。多彩な賞が用意されており、毎回8名程度が表彰されています。
年4回(四半期毎)→MVP・MVT・敢闘賞
年1回(通期)→MVP・敢闘賞・新人賞
最優秀GM賞・最優秀リーダー賞
インセンティブ/目標達成による報奨金(月・四半期)

研修制度

研修制度

入社1年目から受講対象となる様々な研修を用意し、個人の継続的な成長を支援します。入社前の3月には、社会人としての心構えを学ぶ「入社前研修」を実施。 4月には会社のルールや取扱いメディアについて学ぶ「導入研修」、9月には入社してからの仕事体験を振り返り、今後の「ビジネス・キャリア」の核となるものを見つける「入社半年後研修」を実施するなど、多くの研修を用意しています。上記以外にも、年次やミッショングレードにより、様々な研修が用意される等、スキルアップの場を整えています。また、入社後1年間は、新人1人に対し先輩社員が必ず1人つき、日々の行動をフォローするOJTプログラムも実施します。さらには、従業員一人ひとりが仕事を通じて実現したいことを明らかにし、上長とすり合わせ、その実現のために何をすべきかを考え、実行し、振り返る、という場を半年に1度設けています。 このようなサイクルを繰り返し行うことで、着実に成長していくことが可能となります。

<受講者の声>
・研修を受講したことで今の自分の課題が明確になり、取り組むべきことが把握できました。
・グループワークを通して、実践的に、社会人として大切なことを学ぶことができました。

ミッショングレード制度

ミッショングレード制度

年次にとらわれず、個々のミッションに応じて役割・報酬を定める「ミッショングレード制」という人事制度を運用しています。年齢・性別関わらず、頑張る人により責任ある仕事を任せ、それに応じた報酬をお支払します。半年に一度上長と面談をし、半年間の振り返りや、次半期に向けてのミッション内容のすり合わせをします。この面談は、自分を客観視する機会でもあり、自身の成長を実感したり、成長する為にすべきことを明らかにする機会として重要なものになっています。

出産休暇・育児休職制度

出産休暇・育児休職制度

「仕事と育児を両方充実させたい」と考える従業員が安心して出産・育児ができるよう、出産休暇・育児休職制度を整えています。産前6週間・産後8週間の出産休暇はもちろん、子どもが1歳になる月の月末まで育児休職を取得することができます。(※1)
※1 例外あり 当社の人事規程による(詳細は「FAQよくあるご質問」よりご確認ください)


<出産休暇・育児休職取得者の声①>
出産休暇・育児休職を2度取得しましたが、いずれも取得しづらい雰囲気はありませんでした。妊娠中の体調が優れない時期も上司やメンバーのサポートがあり、乗り越えることができました。復職後も上司とじっくり面談をした上で、勤務時間や業務内容を配慮してもらっています。女性が多い職場であることに加え、子どもがいる従業員も多くいるので、出産や育児に関しての理解がある環境だと感じています。

<出産休暇・育児休職取得者の声②>
出産休暇、育児休職を2度取得し、現在は2人の子育てをしながら、時短勤務で働いています。復職前には面談があり、どのような働き方ができるのかを相談できるので、不安も無く、スムーズに職場に戻ることができました。会議の時間等は、退社時間から逆算し優先的に設定してもらってますし、子どもの急な病気の為に早退したり、学校や保育園の行事の為に月に何度か休む事がありますが、周りの理解や協力を得ながら子育てと仕事を両立してます。

<人事担当より>
コンパクトな会社なので、出産休暇や育児休職復帰後に、必ずしも希望の部署や担当エリアに配属されるとは限りませんが、復職前には面談の場を設け、希望する働き方や希望部署・エリアをヒアリングした上で、それらを考慮し配属決定を行っています。

セカンドキャリア支援金

セカンドキャリア支援金

自らの更なる成長を目指し、社外にそのステージを求めて旅立つ社員に対し、支援金制度を用意しています。 この制度は、社員の自律的な自己キャリア形成の支援を行うことを目的として設立され、活用されています。
対象者:勤続6年6ヶ月以上の社員(中途入社者は勤続5年以上)
※正社員に限る