1. 北海道の宿泊、観光情報、日帰り温泉、グルメ情報【北海道じゃらん】 >
  2. お出かけ情報 >
  3. 函館・大沼・松前・奥尻エリア >
  4. 道の駅 あっさぶ

道の駅 あっさぶ

TEL 0139-64-3738

※スポットに関する情報のご利用にあたっては、
ご利用者自身で事前にご確認下さい。

お気に入り

地元のヒノキアスナロ(ヒバ)材を使って建てられた道の駅。お土産では、黒大豆のお菓子や黒豆茶、メークイン焼酎などが人気だ。メークインの発祥地ともあって、メークインを始め、さまざまな農産物の地方発送も可能。また、「百姓屋」の牛乳ソフトもおすすめ。乳化剤や安定剤などの添加物を一切使用せず、牛乳や生クリームなどの100%乳製品だけで作られているのがおいしさの秘訣。

道の駅 あっさぶ全国から募集するメークインコロッケコンテストの、2017年グランプリ受賞作「きのこじゃん!コロッケ」180円
道の駅 あっさぶ黒豆で作った甘納豆「厚沢部の豆」。たまふくら大豆と黒豆の2種類(各420円)
道の駅 あっさぶ「百姓屋」のチーズソフト350円。濃すぎずすっきりした味わいで、女性に人気
道の駅 あっさぶ厚沢部町、厚沢部町近郊の農家で収穫された新鮮な野菜が並ぶ。低価格なのも人気の理由

道南地方の素材を使用した焼酎「喜多里」シリーズ

北海道産本格焼酎「喜多里」シリーズがお土産として人気。北海道名産として名高い「メークイン(じゃがいも)」を原料とした、じゃがいも焼酎。昆布の里として親しまれている北海道南茅部産の「昆布」を原料としたこんぶ焼酎。そして、北海道での育成は不可能と言われた、さつま芋を厚沢部町で栽培に成功。厚沢部町の契約農家で限定生産される「黄金千貫」のみを原料とした、芋焼酎もおすすめ。

この施設のイチオシポイント

その他のおすすめ情報

厚沢部町産光黒大豆を使用した「コーヒー」

厚沢部町特産の光黒大豆を使用したコーヒー。特に癖がなく、違和感なく飲める。お土産としてこれから注目されそうな一品。ドリップコーヒー600円、粉400円。※写真はイメージ

グルメ

厚沢部町産光黒大豆を使用した「黒豆茶」

こちらも厚沢部町特産の光黒大豆100%使用した商品「黒豆茶」。あっさりした飲み口に加えて、光黒大豆特有のコクと香が楽しめる。健康飲料としても注目をあびている。ペットボトル140円、ティーパック(5袋入り)360円。

グルメ

※掲載情報は、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前に現地へご確認の上ご利用ください。

最終更新日:2018年03月13日

基本情報

施設名 道の駅 あっさぶ
住所 厚沢部町緑町72-1
電話番号 0139-64-3738
定休日 年末年始
営業時間 9:00~17:00(5月~10月は8:30~18:00)
駐車場 60台

詳細情報

クレジットカード
付帯施設
売店 直売所
ホームページ -
補足 -

クチコミの投稿

※クチコミの投稿内容にはユーザーが体験された当時の内容により、個人的趣味や主観的表現を含むことがあります。

クチコミ投稿の掟に反するものは掲載しておりません。詳細はクチコミ投稿の掟をご覧ください。

※他のユーザーの方が見てお出かけの際に参考になる詳しい情報や具体的な内容の記入をお願いします。

(極端にクチコミ内容が少ない場合は、掲載しない場合もございます。あらかじめご了承ください。)

  • クチコミする
  • クチコミを見る
近くのスポット情報
   
温泉スタンプラリー2019

近日開催!近くのイベント情報