旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2011年8月13日 19:00

エコで注目!自転車で楽しむアートなまち旭川

t0813_01.jpg

エコで注目の自転車!
いつもの道も自転車で走ると知らなかった路地裏や
見過ごしていた景色など新たな旅の発見につながるかも。
旭川を自転車で回り、旬の野菜たっぷりのイタリアンや
クラフト、ガラス体験などのアートを満喫!
染一筋100余年の染物屋や大自然を楽しめる野草園も紹介!
自転車でスローな旅にでかけませんか?

自転車ででかけるスローな旅。
今回のスタート地点は、中心部から南東におよそ3キロの
神楽岡・緑が丘地区。
t0813_02.jpg

全長3キロに渡り、プラタナス並木が続く
通称「ロマンティック街道」を通ります。

t0813_03.jpg

この街道には石造りの蔵のお菓子屋さんなど
深い緑の森と調和した建物が並んでいます。

自転車を走らせることおよそ10分。
t0813_04.jpg

今年4月、旭川駅裏に開通した「氷点橋」を通り
中心街へ。

旭川駅徒歩2分の「Deux Cafe」で
こだわり野菜のイタリアンランチを楽しみます。

t0813_05.jpg

一番人気は、旬野菜がたっぷり入ったニョッキ トマト(790円)。
デザートにおすすめなアップルパイ(500円)。
注文を受けてから焼くので焼き立てが楽しめます。

Deux Cafe
旭川市2条8丁目右2号 サンエイビル2F
0166-27-6200
営業時間11:00~21:00(金・土は~23:00)
日曜休


ランチを楽しんだ後は
お土産を買いに、明治31年創業の「近藤染工」へ。

t0813_06.jpg

手ぬぐいやのれん、はんてんなど
全て職人が手作業で作ったものが並びます。
1本1本染める昔ながらの技術「刷毛引き本染」で、
裏から見てもきれいなのがその特徴!

近藤染工場
旭川市1条3丁目右1号
0166-22-2255
営業時間8:00~17:00
日曜・祝日休(9~3月は土曜不定休)


続いては旭川駅から自転車でおよそ40分の
北の嵐山へ。
この地区には、陶芸やギャラリーなどが点在。

t0813_07.jpg

まずは「ブラウンクラフトボックス」へ。
旭川を拠点に活躍しているクラフト作家の作品が
500点以上集められています。

t0813_08.jpg

年代を問わず、
食卓に木の器やカップを取り入れる人が増えているそう。

ブラウンクラフトボックス
旭川市旭岡1丁目21-8
0166-50-3388
営業時間10:00~日没
無休

そして「淳工房」。
旭川で唯一の吹きガラス工房です。
人気は「木グラス」。

今回のお目当ては「絵ガラス体験」(2000円・前日までに要予約)。

t0813_09.jpg

色のついた板ガラスを使い、
切ったり割ったりして重ねていきます。
職人さんが丁寧に指導してくれるので安心。
切った後は窯で焼いて出来上がり。
完成品は後日郵送してくれます。旅の思い出づくりにおすすめ!

淳工房
旭川市旭岡2丁目8-1
0166-53-8512
営業時間10:00~18:00
無休


最後にやってきたのは
北の嵐山からもほど近い、
旭川市北邦野草園」。

t0813_11.jpg

12ヘクタールの敷地に、およそ600種類の植物が生息しています。

t0813_10.jpg

歩くことおよそ20分。
待っていたのは旭川を一望できる絶景!
条件が良ければ大雪山を望むことができます。


旭川市北邦野草園
鷹栖町嵐山公園センター
0166-55-9779
入園無料


今回の特集は
北海道じゃらん 旅先で自転車ガール
P20~詳しくご紹介しています。

jitensya-1107.jpg 注文はコチラから

カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/1246