1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. 「噂の調査隊」が行く!
    ~オホーツ...
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2011年11月12日 19:00

「噂の調査隊」が行く!
~オホーツク北見&網走編~

t1112_01.jpg

北見&網走での街のウワサを徹底調査。

「ホルモンの街・北見ならではのB級グルメ!?」
「海が大好きな少女!?」「つるつるになる場所とは!?」

など、北見、網走の魅力をご紹介!
新スポットや新グルメも登場します!!

まず噂の調査隊が向かったのは北見。

 
ウワサその1
「ホルモンの街・北見ならではのB級グルメがあるらしい!?」
t1112_02.jpg

今年2月にオープンした「炭火焼肉たんたん」へ。

ホルモン1人前100円!
その日に仕入れたホルモンをリーズナブルにいただくことができます。
t1112_03.jpg

噂のB級グルメとは
北見名物のホルモンと目丼を一つにした丼、
「ホルたま丼」350円。

t1112_04.jpg

焼肉用の甘辛ダレをかけてもおいしい一品。
北見だからこその、新たなB級グルメでした。


■炭火焼肉たんたん
北見市美山町1-86
0157-26-1129
17:00~23:00(日曜~22:00)
月曜休


続いても北見からの情報。

ウワサその2
「北見に"つるつる"になる場所があるらしい!?」

t1112_05.jpg

やってきたのは塩別つるつる温泉
源泉かけ流しの温泉宿!

t1112_06.jpg

新館の大浴場に入った後は、
副支配人のすすめで本館の竜神の湯へ。
ここに入るともっとつるつるになるとのこと!

t1112_07.jpg

つるつる温泉は、
昔からある5号泉と、2002年に出来た7号泉をブレンドして利用。
新館の大浴場と、この竜神の湯は
お湯のブレンドの割合が違い
竜神の湯はよりつるつる感が強いそう。


■塩別つるつる温泉
北見市留辺蘂町滝の湯201
0157-45-2225
8:00~21:00
日帰り入浴大人500円
※「旅コミ見たよ!」で400円に(2011.11月末まで)



続いて訪れたのは網走市。

ウワサその3
「"海が大好きな少女"がいるらしい」

t1112_08.jpg

海で出会ったのは網走原生牧場観光センターの皆さん。
海で乗馬体験できるそう。
ウワサの少女の正体は、乗馬体験できる雌馬でした。
今回は特別に乗馬体験!

t1112_09.jpg

砂浜を歩いたり走ったりと、体験は要予約です。
冬は流氷を見ながらの乗馬体験もできます!
t1112_10.jpg

網走原生牧場観光センター
網走市藻琴225
090-3897-5387(小西)
乗馬体験/要予約


ウワサその4
「網走の新名物!?網走ちゃんぽん」

t1112_11.jpg

シジミのスープ、ホタテが入っているなど有力情報をもとに訪れたのは
仕掛け人である「網走ちゃんぽん研究会」。

t1112_12.jpg

網走は冷凍すりみ発祥の地。
網走のイベントで焼きちくわの長さ世界一(11m95cm)の記録を持っており
長崎の雲仙市と競争を繰り広げています。
そこで、雲仙の名物「ちゃんぽん」を
網走の特産で作ってみては、と動いている。

t1112_13.jpg

網走ちゃんぽんは、シジミ、ホタテ、かまぼこ、地元野菜を入れる。
現在はイベントなどで提供、
道の駅等で網走ちゃんぽんが楽しめるのも近いかも!


ウワサその5
「遠軽で石器がつくれるらしい」

t1112_14.jpg

7月にオープンした新スポット
遠軽町埋蔵文化財センター
国指定の重要文化財・白滝遺跡群の出土品を展示。
黒曜石の美しさや旧石器時代に触れることができます。
本物のマンモスの化石も展示!

t1112_15.jpg

そして、当時使っていたと言われる黒曜石を使って作る
石器作り体験ができる!
黒曜石をエゾシカの角で叩いて作る。
石器作り体験は所要時間60~90分で400円。

t1112_16.jpg

■遠軽町埋蔵文化財センター
遠軽町白滝138-1
0158-48-2213
入館料 大人300円、子供150円
9:00~17:00
土・日・祝休


今回宿泊したのは大江本家
北見の奥座敷・温根湯温泉。
予約はじゃらんnet北海道版で。

大江本家
北見市留辺蘂町温根湯温泉
0157-45-2511

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/1280