1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. 「噂の調査隊」が行く
    ~人気観光地...
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2012年3月31日 19:00

「噂の調査隊」が行く
~人気観光地第1位の函館編~

t120331_01.jpg

函館にまつわる「噂」を調査!
函館は、じゃらん4月号で発表の道内人気観光地調査で
満足した旅行先第1位を獲得!
「そば屋さんでラーメンを食べるのが粋」という噂や
「サルが浸かる温泉」、「北海道初の国宝」などを調査!
行って楽しい。、食べておいしいウワサの函館に
お出かけしませんか?

現在発売中のじゃらん4月号で
人気観光地調査の結果が発表されている。
その中で1位に選ばれた場所が函館!
その函館の噂を調査!

噂その1
「函館の人はそば屋でラーメンが粋らしい?」
t120331_02.jpg


2人がやってきたのは「おそば 江戸八」。

t120331_03.jpg

函館のそば屋さんでは
ラーメンも出しているお店は珍しくありません。
しかもそばで使うかつおだしを加えます。
そして麺は中太のストレート。

t120331_04.jpg

函館のご当地ラーメンといえば塩。しかも、500円!
そば屋では製麺機があり、そばと一緒に
製麺機の切り刃を変えてラーメンを作っており
それを出したところお客さんにも好評だったことから
始まったそう。

カツオベースのダシであっさり自慢のラーメンです。

おそば 江戸八
函館市万代町7-29
0138-41-7664
10:30~19:30
第3土曜・日曜休


噂その2
「函館随一の老舗すき焼き屋のコロッケが絶品らしい」
t120331_05.jpg

 
1901年創業の老舗「阿さ利 本店」。

t120331_06.jpg

すき焼きは黒毛和牛の肩ロースを贅沢に使い
開店当初から変わらない味の割り下で味付け。

t120331_07.jpg

ランチはリーズナブル!
Aランチはすき焼き、ご飯、味噌汁、デザート、コーヒー付きで
1200円。(11:30~13:30)

その1Fの精肉部ではコロッケ(70円)を販売。
t120331_08.jpg

肉のおいしさがでていてホクホク。
すき焼き屋さんの絶品コロッケ、売切れ御免です。

阿さ利 本店
函館市宝来町10-11
0138-23-0421
11:00~20:30/1F精肉部9:00~17:15
水曜休



噂その3
「五稜郭の形をした温泉があるらしい」
t120331_09.jpg


函館山の山麓にある公衆浴場「市営谷地頭温泉」。

t120331_10.jpg

ここの露天風呂には
五角形の浴槽が!

泉質はナトリウム-塩化物泉。

t120331_11.jpg

平成10年に作った際に、函館らしい温泉ということで
五稜郭をイメージした星型の浴槽にしたそう。

市営谷地頭温泉
函館市谷地頭20-7
0138-22-8371
入浴料 12歳以上 420円、6~11歳140円、6歳未満70円
6:00~21:30
第2・第4火曜休


噂その4
「函館には、サルが浸かる温泉があるらしい」
t120331_12.jpg


園内に約300種、3000本の熱帯植物が植えられている
函館市熱帯植物園」。

t120331_13.jpg

今なら50年に一度しか咲かない「リュウゼツラン」も
見ることができます。

t120331_14.jpg

1970年の開園以来、初めて花を咲かせたんだそう。
咲いたら枯れてしまう、ただ一度だけ咲く花!
これから少しずつ他の蕾も開き、GWくらいまでが見頃だそう。

植物園の奥にはサル山!

t120331_15.jpg
サル山の一部には温泉があり、
温泉に浸かるサルを見ることができます。

この姿を見ることができるのはゴールデンウィークまで。
かわいい姿に心も和みそうです。

函館市熱帯植物園
函館市湯川町3丁目1-15
0138-57-7833
入園料/高校生以上300円、小・中学生100円
9:30~18:00(4~10月)
12/29~1/1休



続いては、夜景に関する噂。
噂その5
「地元で人気の裏夜景があるらしい」
t120331_16.jpg


函館中心部から車でおよそ20分のCafe en

t120331_17.jpg

窓からは函館山と市街地、函館湾が一望できます。

t120331_19.jpg

そもそも裏夜景とは、
函館山から見た夜景以外を名付けたもの。
このお店では、そんな裏夜景を見ながら楽しんでほしいという
料理、裏夜景コースがあります(3000円~、前日までの要予約)。
地元の食材を中心にしたコース料理。

t120331_18.jpg

ここで生まれたカップルは結婚するという噂も!
函館山とは違った夜景を、おいしいディナーとともに!

Cafe en
函館市赤川町365-5
0138-47-4333
平日 11:00~20:00
日・祝11:00~18:00
月曜・第1日曜休


噂その6
「函館には、北海道唯一の国宝があるらしい」
t120331_20.jpg

情報を元にやってきたのは、昨年10月にオープンした
函館市縄文文化交流センター」。

t120331_21.jpg

縄文時代の暮らしを物語る土器や石器を約200点展示。

奥に進むと、
2007年に北海道で初の国宝に指定された中空土偶が!
中が空洞になっていることから
中空土偶と呼ばれています。

t120331_22.jpg

今からおよそ3300年前のもの。この地区で発見されました。
地元の主婦が農作業中にでてきたそう!

中空土偶としては国内で最大級の大きさ、かつ美しい文様。
縄文時代の精神文化を表すものとして
大変貴重な国宝なのです。

t120331_23.jpg

館内では体験コーナーもあります。
つい夢中になってしまう体験、ぜひ。


函館市縄文文化交流センター
函館市臼尻町551-1
0138-25-2030
一般300円、学生・児童150円
9:00~17:00(4~10月)
月曜・毎月最終金曜休※他に年に数回休みあり



泊まりは函館国際ホテル
4/1から6月まで、1日10組限定、開業40周年記念として
1泊朝食付きで4000円のプランを実施(~4/27)。

t120331_24.jpg

さらに素泊まりだとなんと2人で4000円のプランも!
ご予約はじゃらんnet北海道版で。

函館国際ホテル
函館市大手町5-10
0138-23-5151

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/1499