1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. イカウニ丼、冷やしラーメン、湖上ランチ<...
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2012年7月21日 19:00

イカウニ丼、冷やしラーメン、湖上ランチ
夏の函館はこう遊べ

t120721_01.jpg

夏の函館は、様々なおいしいスポットが目白押し!
あの有名店の新グルメ、夏にピッタリ!塩ラーメンや
夏限定の函館らしい1000円丼、優雅に湖上ランチを堪能!
新オープンのソフトクリーム店など、函館の魅力がたっぷり!!
まずは地元に根差したコミュニティFM局として
今年20周年を迎えるFMいるか、
プロデューサーの宮脇さんのオススメスポットに案内していただきました。

やってきたのは「ターブル ドゥ リバージュ」。

t120721_02.jpg

その名の通り、大沼の四季折々の景色を眺めながら、
ゆったり喫茶や食事が楽しめるカフェレストラン。

t120721_03.jpg
移動式テラスのランチクルーズは
おひとり様2000円※2名から要予約。
大沼をゆっくり湖上を散策しながら
ランチをいただけます。

t120721_04.jpg

食事は地元野菜たっぷりの
クルーズ用プレートランチ。
ジャガイモのニョッキやスープカレーなどを味わうことができます。

湖の内側から外の景色を見ることができる貴重な体験ができます。

ターブル ドゥ リバージュ
七飯町大沼141
0138-67-3003
10:30~19:00
火曜休み

ランチクルーズ(要予約)大人2000円、小学生1500円
所要時間:約40分、2名様より運行
※気象条件により出航を見合わせる場合があります


さて、函館といえば塩ラーメン。

なかでも函館麺厨房 あじさい本店では
この夏注目の塩ラーメンが登場!

t120721_05.jpg

夏に向けて、さっぱりとした函館らしい塩ラーメンをコンセプトに開発。
あじさいの特徴であるスープの透明感を維持しながら
洋の要素を取り入れた一杯。
ベビーリーフなど野菜がたっぷり入り
オリーブオイルで味付けした新しい
「洋野菜の塩冷麺」が誕生。

t120721_06.jpg

チャーシューではなく、鴨肉をトッピング。
さらにサワークリームとワサビが付いており
お好みで様々な味わいを楽しむことができます。

t120721_07.jpg

函館麺厨房 あじさい本店
函館市五稜郭町29-22
0138-51-8373
11:00~20:25
第4月曜休
 

続いてはBAYはこだて広場内に
4月にオープンしたはこだてミルク工房

t120721_11.jpg

見た目にも函館の赤レンガをイメージした
赤レンガ(道産あずき)ソフトクリームは350円。
あずきの味がしっかりした、濃厚なソフトです。

t120721_12.jpg

さらに注文を受けてから作る
手作りポテトチップス(350円)も人気。
お土産散策の途中に気軽に立ち寄れる新スポットです。

t120721_13.jpg

はこだてミルク工房
函館市豊川町11-5 BAYはこだて広場内
0138-22-2228
9:30~19:00
無休


続いては今だけの特別な丼。
函館朝市で34年続く食事処、
函館朝市 味の一番へ。

t120721_08.jpg

夏の函館を代表する真イカを新鮮なうちにさばき
地元ならではの食べ方で提供!
真イカのぶっかけ丼(ウニ付)は1000円、
7/20~8/19までの期間限定、1日10食限定です。

t120721_09.jpg

函館の昔からの食べ方。
真イカを大根おろしとしょうが、昆布しょうゆで合えて
丼にして味わいます。

t120721_10.jpg

ウニも丼と合わせてたべてもよし、
そのまま食べてもよし。
ボリューム満点の一品です。

函館朝市 味の一番
函館市若松町11-3
0138-26-5587
6:30~15:00
無休


最後は温泉。
ホテル万惣では温泉めぐりスタンプラリーに参加することができます。

t120721_14.jpg

こちらの温泉は源泉かけ流し。
露天風呂も広々としておりのんびりと浸かることができます。

t120721_15.jpg

7/31までの特別プラン、
たっぷりお部屋食12食♪2食付き(2名1室)5980円※予約は2日前まで
もぜひチェックを。

t120721_16.jpg

ホテル万惣
函館市湯川町1丁目15-3
0138-57-5061
日帰り入浴 大人800円、小学生400円

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/1716