旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2012年12月29日 18:00

札幌ラーメン2012 旅コミ的5大トレンド

t121229_01.jpg

時代とともに進化を続ける札幌ラーメン。
舌の肥えた客と、熟練の技がぶつかりあい
多くのラーメン店がしのぎを削る、ラーメン激戦区。
近年札幌ラーメン業界には、二郎系、甲殻系、つけ麺など、
今までに無かった、新たなムーブメントが巻起こっている。
番組では、2012年の5大トレンドを独自で分析!
煮干しブームを筆頭に、自家製麺、ネクストブランドなど、
札幌ラーメン業界をリードする注目店が勢ぞろい!
まずは今年急増の「煮干し」スープ。

t121229_02.jpg

まずは2年前にオープンした煮干らぁめん なかじま
ブームの最先端を行く一軒。

t121229_03.jpg

煮干しのおいしさを味わうなら
しょうゆラーメンがおすすめ。
なんと出汁は煮干しだけ。
北海道に煮干しラーメンのおいしさを伝えたいと一念発起。

通常より濃い目に出した「こいにぼ」は数量限定のラーメン。

t121229_04.jpg

独特の煮干しスープには中細縮れ麺が合います。
日本人好みの味。
札幌の煮干しブームをリードしています。


煮干らぁめん なかじま
札幌市北区北35条西4丁目1-1
11:00~15:00(金曜のみ17:00~22:00)
木曜休
※年末年始は12/30・31・1/2~11が休み、1/1~7は営業※4日は17:00~22:00


にぼShin. 北24条店
つけ麺でおなじみのShinの3号店。
今年3月にオープンしました。

t121229_05.jpg

魚介スープの達人であるオーナーが作り出す
煮干しラーメンが「にぼちゅう」。
ガツンと煮干しを感じる力強い一杯。

t121229_06.jpg
煮干しのえぐみ、生臭さをうまみに変えたスープが自慢。
特製の中太麺と合わせます。

チャーシューも皮付きとこだわり。
チャーシュー、麺、スープとすべてから
煮干しを感じられるラーメンです。


にぼShin. 北24条店
札幌市北区北23条西8丁目3-19
011-738-6616
11:00~15:00、17:00~21:00※土日祝は通し営業
月曜休(祝日の場合翌日休み)
※年末年始は12/31・1/1休


麺に定評あるエイジの二号店としてオープンしたのが
ニボシラーメンAg

t121229_07.jpg

新感覚のスープには新感覚の麺。
煮干しスープのために作られた自家製麺は太く特徴的。

ゴンブトニボシ醤油、

t121229_08.jpg

うどんのようなもちもちとした食感で食べ応えもある麺と
ガツンとくるスープ。
麺に負けないようにスープは動物系、背脂、煮干しをブレンド。

道産小麦を使って手間暇かけて作った麺を
味わってもらいたいという、煮干しラーメンです。

ニボシラーメンAg
札幌市豊平区平岸3条9丁目9-18
070-5607-1473
11:00~15:00、17:00~19:00
水曜・第3火曜休
※年末年始は要問合せ


続いてのトレンドは「自家製麺」。

t121229_09.jpg

2010年にオープンした麺や 亀陣
2年前から麺を手作り。

t121229_10.jpg

スープと麺の相性を追求しています。
野菜やとんこつなど食材のうまみだけで作ったスープに
合う麺を開発。

透き通ったスープが印象的な有機白醤油。

t121229_11.jpg

パスタにも使用される小麦を使い、歯切れよくもちもちした食感にこだわった麺。
スープはシンプルだけどしっかりうまみがあり
隠し味に玉ねぎ油が使われています。

最後まで手を抜かずに作るラーメン。

麺や 亀陣
札幌市東区北47条東8丁目1-1
011-753-1305
11:00~15:00、17:00~20:00
水曜休
※年末年始は1/1~4休み、12/31は15:00まで営業


先月オープンした自家製麺のお店が元町製麺所

t121229_12.jpg

麺を作ってこそラーメン職人と考えた店主が作り出したのが
全粒粉を使った自家製麺。

エッジの強くコシの強い麺を作りました。
スープの味に合わせて麺を変えています。

t121229_13.jpg

麺にこだわる新店です。

元町製麺所
札幌市東区北25条東12丁目3-13
011-753-7500
11:00~15:00、17:00~21:00
水曜休
※年末年始は休まず営業


3つめのトレンドは「ネクストブランド」。
人気店の第2・第3の味が楽しめることで人気です。

t121229_14.jpg


チャルメラ番長は激盛りブームの先駆けである
「ブタキング」のセカンドブランド。

t121229_15.jpg

味噌ラーメンをベースにした辛いラーメンを提供。
オープンのきっかけは
普通の量で、ブタキングの自信あるスープを広めたいということ。

ただ辛いだけでなく、質の違う辛みが楽しめます。
スープはブタキングでも使用しているとんこつベースの濃厚スープ。

数種類のスパイスで辛みを出した「アツ男」、
t121229_16.jpg

3種類の唐辛子を加えた肉味噌を溶かしながら
辛さを調節して食べる「カラ男」、
t121229_17.jpg

お店で一番辛い「イタ男」、の3種類。
t121229_18.jpg


チャルメラ番長
札幌市中央区南6条西4丁目銭松ビル2階
090-8428-5291
22:00~翌4:00
日・水曜休
※12/26~1/6休


魚介豚骨、背脂を使う人気店・山嵐の一番新ブランドが
山嵐天上天下龍我独尊
家族で楽しめるラーメン店がコンセプト。

t121229_19.jpg

10種類以上の野菜を使った
年代問わず美味しいと思えるラーメンを作ったという
看板メニューが豚骨タンメン。

t121229_20.jpg

あっさりしていて食べやすく、
山嵐の特徴でもあるクリーミーな豚骨スープがおいしい一杯。

ファミリー向けということで
「藤野ザンギ」などのサイドメニューも充実しています。

山嵐天上天下龍我独尊
札幌市南区藤野3条2丁目1ー52
011-592-0005
火~土曜 11:00~16:00、17:00~23:30
日曜 11:00~16:00、17:00~21:00
月曜休


次のトレンドは「道外勢」。

t121229_21.jpg

北海道初上陸、
栃木からやってきた石焼らーめん 火山

t121229_22.jpg

地元・栃木でお墨付きの人気店。
店を支えているのが320℃の石鍋。

提供の仕方もユニーク。
席についてから、
麺と具を入れたアツアツの石鍋に、スープを注ぎます。
2分間グツグツしている間に野菜の旨みがスープに溶け込みます。

t121229_23.jpg

のびにくい麺、高温でも旨みが逃げないスープと
特別に作られたものです。

最後の一滴まで
あつあつのラーメンを食べてもらいたいと言う思いから
作られたラーメン。
スープを最後まで楽しんでもらうため、ライスor追加の麺が無料。
最後はごはんをいれておじやとして食べるのがお勧めです。

石焼らーめん 火山
札幌市豊平区西岡3条5丁目4-17
011-858-4600
11:00~22:00
無休

最後のトレンドは「女性店主」。

t121229_24.jpg

先月平岸に移転オープンしたのが
らーめん千太

t121229_25.jpg

ラーメン作りのモットーは
なにもが主張し合わない、一杯としてのバランスが良いこと。

透き通ったスープが印象的なしおらーめんは
お客さんの7割が注文すると言う看板メニュー。

t121229_26.jpg

優しい味の一杯。丸鶏と煮干しのWスープ。
細ストレート麺が良く合います。

最後の楽しみは「しめめし」。
ごはんとチャーシュー、ねぎ、わさびを残ったスープに入れて
特別なお茶漬けに。
 
t121229_27.jpg



らーめん千太
札幌市豊平区平岸2条8丁目1-25
011-832-6695
火~金曜 11:00~15:00、17:00~20:00
土日祝 11:00~19:00
月曜休(祝日の場合翌日)
※年末年始12/31~1/2休み


もうひとつ、女性店主が開いたお店が
ラーメン ねるら
レトロなたたずまいの隠れ家的一軒。

t121229_28.jpg

店主の趣味のラーメン食べ歩きが本業になったお店。

t121229_29.jpg


豚骨と鶏ガラと野菜のスープを別どりしたスープが楽しめるのが
魚介濃厚味噌ラーメン。
魚粉を加えて味を変えることができます。

t121229_30.jpg

ラーメン ねるら
札幌市中央区南1条西9丁目
011-303-5858
11:30~17:30(LO30分前、水・土曜は22:00まで)
日曜休


カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/1834