1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. 温泉だけじゃない!登別グルメ大調査
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2013年3月30日 19:00

温泉だけじゃない!登別グルメ大調査

t130330_01.jpg

全国でも人気を誇る温泉地・登別。
温泉のほかにも、実はグルメでも街を盛り上げているんです!
その一つが「登別ブランド」の認定!
地元の食材を使ったグルメ&お土産に舌つづみ!
さらにオープンしたニュースポット情報や登別限定グルメ、
陶芸体験など、登別温泉の様々な魅力をご紹介します!

現在登別では
登別ブランド推奨品が毎年誕生しています。

t130330_02.jpg

推奨品は
・事業所が登別にあること
・原料が登別産であること
などの条件を満たした優れた食品加工品です。

まずは銘菓本舗 かめや アーニス店
ふわっふわのシフォンケーキが人気のお店です。

t130330_03.jpg

新たにブランド品に認定されたのは「のぼ~る」という名の
ロールケーキ。

t130330_04.jpg

生地には白老産のさくらたまごに江別産道産小麦、
さらに登別ブランド推奨品の「のぼりべつ牛乳」を使っています。

すでにリピーターもいる人気スイーツになっています。

 

銘菓本舗 かめや アーニス店
登別市中央町4丁目11
0143-88-1286
10:00~20:00
第1・3木曜休


わかさいも本舗 登別東店でも
登別ブランド推奨品の「のぼりべつ地ビール」を販売中。

t130330_05.jpg

ジャパンクラフトビールセレクション2012年アワードで
グランドチャンピオン受賞の「鬼伝説 金鬼ペールエール」に
注目が集まっています。

t130330_06.jpg

お土産としてもおすすめですが、
お店に隣接した食事処でも出来立てのビールを飲むことができます。


わかさいも本舗 登別東店
登別市中登別町96-6
0143-83-3110
9:00~18:00
無休


登別のブランド推奨品には納豆もあります。
道南平塚食品で購入できる
道産大豆を使用した
「赤鬼納豆」と「青鬼納豆」。

t130330_07.jpg
 

赤鬼納豆は真っ赤な赤唐辛子がセットになっています。
青鬼納豆は登別ブランド推奨品のわさび漬をトッピング。
新しい納豆の食べ方を提案しています。

t130330_08.jpg

道南平塚食品
登別市幌別町4-12-1
0143-85-2167
9:00~17:00
無休


登別に誕生した新グルメ。
その一軒がピッツェリア ヴィヴァーチェです。
石釜で焼く本格イタリアンピッツァのお店。

t130330_09.jpg

ピザの一番人気はマルゲリータ。
外側がパリパリ、中はもっちり。
イタリアから材料を取り寄せ、本場の味を再現しています。

t130330_10.jpg

ピザだけでなく
えびの濃厚クリームソースのフィットチーネも人気。
平打ち麺は地元登別で製造。
トッピングの食材は道産にこだわっています。

t130330_11.jpg

ピッツェリア ヴィヴァーチェ
登別市新生町4-44-3
0143-82-6666
11:30~14:30、17・30~21:00
月曜休


続いては三星 登別若草店限定の新グルメは
鬼のマチならではの一品。

t130330_12.jpg

自称日本一食べづらいスイーツよいとまけで有名のこのお店、
登別若草店のオープンに合わせて誕生した限定グルメが
鬼に金棒シュー180円。

t130330_13.jpg

イートインスペースもあり、
お店でお菓子を購入しここで食べる際には珈琲も無料でサービス。


三星 登別若草店
登別市若草町2-14-15
0143-84-6111
9:00~20:00
無休

続いて地元で愛されるローカルフード。
デカ盛りで人気のソーダ食堂は創業30年。

t130330_14.jpg

ユニークな店名は
この場所に移転する前にソーダ工場の近くでお店を営業していたからだそう。

t130330_15.jpg

麺を3人分使った
ジャンボ焼きそばは1070円。
近くの学生にリーズナブルにお腹いっぱい食べてもらおう、と始めたのだそう。

t130330_16.jpg

地獄ザンギというメニューも。
ハバネロや唐辛子などをブレンドした
特製辛味スパイスを使っています。
辛いもの好きなリピーターも多く
ごはんのおかずも、ビールのおつまみにも最適。

ソーダ食堂
登別市千歳町6-1-98
0143-88-0690
9:00~20:00
日曜休


最後に向かったのは
陶芸工房「健千窯(けんせんがま)」。

t130330_17.jpg

食器はもちろん、手びねりという方法で置物も作っています。
手びねり体験は粘土1kgにつき3000円。

t130330_18.jpg

手足のパーツなど細かい作業を進めます。
自分だけのモチーフを楽しみながら作ることができます。

t130330_19.jpg


健千窯(けんせんがま)
登別市緑町2-8-60
0143-85-6585
10:00~17:00
不定休

 

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/1980