1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. 札幌で夏メシ&そと飲み!
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2015年6月20日 19:00

札幌で夏メシ&そと飲み!

t150620_01.jpg 

 暑くなるこの時期。 やっぱり外で冷えたビールを飲みたくなりますよね? 
そこで今回は、とっておきの「そと飲みスポット」をご紹介します! 
定番のビアガーデンや和風庭園に設えられた テラス席など開放感たっぷり! 
もちろん、ビールにピッタリのおつまみも登場します。 
北海道の夏を楽しみましょう!



夏といえば、やっぱりこれ!
キンキンに冷えたビールを外で飲みたい!
ということで、最初にやってきたのは
さっぽろテレビ塔サマースクエア2015
サッポロクラシックビヤガーデン

t150620_02.jpg

さっぽろテレビ塔の下で毎年開催されているビアガーデン。
直火で焼くジンギスカンとよ~く冷えたビール。
これを毎年楽しみにしている人も多いはず。

t150620_03.jpg

■さっぽろテレビ塔サマースクエア2015
サッポロクラシックビヤガーデン
札幌市中央区大通西1丁目
さっぽろテレビ塔1階テラス
TEL 011-252-1800
営業時間 12:00~22:00
(予約受付11:30~15:00)


続いては南1条通りにある
BEER HALL/BäREN WALD
(ビアホール ベアレンヴァルト)南1条店へ。

t150620_04.jpg

カフェのような洒落た雰囲気のテラス席では、
電車通りの風情を感じながらお酒が楽しめます。
お酒の種類が、とにかく豊富。
世界のビールを30種類以上、
さらに樽生ビールも8種類、取り揃えています。
中でもヴァルシュタイナーは
生で飲める店が少ないため特に人気が高いそうです。

t150620_06.jpg

おすすめのおつまみは、
フィッシュ&チップス。
自家製のタルタルソースでどうぞ。
ビールのおともにはピッタリです。

t150620_05.jpg

BEER HALL/BäREN WALD(ビアホール ベアレンヴァルト)南1条店
札幌市中央区南1条西9丁目 北海ビル1F
TEL:011-280-3000
営業時間 11:30~14:30(月~金ランチ営業)
       17:00~24:00(不定休)



続いては、狸小路9丁目。
和風の情緒たっぷり。
いい雰囲気のなかで お酒が飲める徳丸へ。

t150620_07.jpg

和風庭園にしつらえられたオープンテラスは、
夏だけの特等席。
夕涼みにはビール。
今回は、和の雰囲気に合わせて日本酒をセレクト。
40種類以上もの地酒を取り揃えている、こちらのお店。
日本各地の個性豊かな味が楽しめます。

t150620_08.jpg

酒の肴は関西風のおでんのほか、
備長炭で焼く、シシャモや自家製のつくね。
特にチーズつくねは女性にも人気が高いそうです。

t150620_09.jpg

徳丸
札幌市中央区南3条西9丁目998 狸小路9丁目
TEL 011-281-1900
営業時間 17:30~23:20
(日・祝は23:00まで)
無休

次は、西3丁目!
ライブシュパイゼへ。

t150620_10.jpg

こちらのお店のオープンテラスは、
街なかにあるとは思えない開放感がウリ。
お店で提供されているのは小樽ビール。
本場、ドイツのスタイルにこだわった製法で知られる
人気の地ビール。
ビールに合わせるのは、もちろん、
ドイツの伝統料理ローズマリーチキン。

t150620_11.jpg

小樽ビールは他に2種類。
それぞれに個性豊かな味わいで、
ドイツの伝統料理にピッタリとマッチします。

t150620_12.jpg

■ライブシュパイゼ
札幌市中央区南2条西3丁目 パレードビル3
TEL 011-252-5807
営業時間 月~金17:00~24:00
       土・日 12:00~24:00
無休


続いては、カジュアルな雰囲気で飲めるお店。
SAKANOVA(サカノバ)へ。

t150620_13.jpg

カフェバーと居酒屋をミックスしたような
気軽に立ち寄れる雰囲気が魅力のお店です。
オススメは、麦芽100%のドイツビール。

t150620_14.jpg

ビールに合わせる おつまみは、
バターソースに山わさびを効かせた
「仔羊のカルパッチョ」です。

t150620_15.jpg

SAKANOVA(サカノバ)
札幌市中央区南2条西5丁目31 U'SLAB1F
TEL 011-222-7799
営業時間 12:00~24:00
不定休


続いては、狸小路7丁目。
Singapore Style KOPITIAM(シンガポールスタイル コピティアム)へ。

t150620_16.jpg

シンガポールの屋台をリアルに再現したお店です。
メニューも しっかりと現地の味を再現しています。
おすすめは、サンバルカンコン。
サンバルカンコンとは、辛味調味料のサンバルソースで
茎の部分が空洞になっている野菜・空芯菜(くうしんさい)を
炒めた南アジアの大衆料理です。

t150620_17.jpg

他にも、チキンやマトンを使った
東南アジアの串焼き料理「サテ」も人気のメニュー。
甘辛いピーナッツソースが食欲をそそります。

t150620_18.jpg

■Singapore Style KOPITIAM(シンガポールスタイル コピティアム)
札幌市中央区南3条西7丁目5 狸小路7丁目
TEL 011-219-7773
営業時間 17:30~翌2:00
(金・土・祝前日は翌」3:00まで)
6~8月は火曜休

今回の特集は「北海道じゃらん2015年7月号」76ページから詳しく掲載しております。

カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/3063