1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. パワースポットから特別グルメまで
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2016年2月13日 19:00

パワースポットから特別グルメまで
プラスαの魅力満載!湯の川温泉

t160213_01.jpg

北海道新幹線がいよいよ3月26日開業を迎える。
今日の旅コミ北海道は、話題の函館を特集!
中でも、湯の川温泉は、じゃらんの人気温泉地ランキングで
道内女性に人気のスポット!





まず最初に訪れたのは、
360年以上の歴史を持つ湯倉神社

t160213_02.jpg

実は、湯の川温泉発祥の地でもある。
なでうさぎをなでると願いごとが叶うといわれている。

t160213_04.jpg

こちらの神社には、開運小槌もある。
願い事をしながら小槌を振ると願いが叶うといわれている。

t160213_05.jpg
湯倉神社
函館市湯川町2丁目28-1
TEL 0138-57-8282


湯倉神社のすぐお隣には
コーヒー&ケーキショップ美鈴湯川店があります。
t160213_06.jpg

ここだけの限定ロールケーキがある。
湯の川店限定の松倉ロール。
コーヒーの生地でできている。

t160213_07.jpg

美鈴コーヒーと一緒に、自慢のロールケーキを堪能。
苦味のあるコーヒーにほろ苦いロールケーキがマッチしている。

t160213_08.jpg
コーヒー&ケーキショップ 美鈴湯川店
函館市湯川町2丁目29-1
TEL 0138-57-1820
営業時間10:00~19:00
無休


函館といえば、やっぱり、お寿司!
大人な一杯を楽しめるお店がこちら
湯の川電停のすぐ近くにあるお店幸寿司
t160213_09.jpg

フランス料理の経験を持つ2代目が、
寿司屋で一杯をコンセプトに作りだした限定セット。
「とまり木セット」。
お酒と前菜、おつまみ、小鉢がついて1,620円。
お得なセットになっている。

t160213_10.jpg

とま木セットを食べ終えたら、
函館の新鮮な魚貝類を使ったお寿司も堪能!
函館米を使い、函館のネタを使ったお寿司を楽しんでみては。

t160213_11.jpg
幸寿司
函館市湯川町1丁目27-2
TEL 0138-59-5437
営業時間 12:00~14:00
17:00~22:30
火曜休


続いて訪れたのは、函館市熱帯植物園
t160213_12.jpg

冬の風物詩といえば、お猿さんが温泉であったまる姿。
エサは100円で購入できる。
申年にちなんで、立ち寄ってみては。

t160213_13.jpg
函館市熱帯植物園
函館市湯川町3丁目1-15
TEL 0138-57-7833
営業時間 9:30~16:30
無休


次は、ラーメン屋さんmaido
t160213_14.jpg

まずは、函館といえば塩ということで、
オススメの塩ラーメンを作っていただました!
塩ラーメンなのに色は真っ黒。
イカ墨、ガゴメ昆布を使用しているため黒いスープ。

t160213_15.jpg

こちらでは、ラーメンを食べたあとに、
締めでパフェを食べる方も多いという。
パフェだけを食べに来る方もいるほど。
カフェで働いていた奥様が担当。
毎月、違った味を味わえます。

t160213_16.jpg
maido
函館市湯川町1丁目26-34
営業時間 11:30~15:00
17:00~21:00
火曜休


続いては、函館の老舗旅館。
竹葉新葉亭で、癒やしのひととき。
t160213_17.jpg

今回宿泊したのは、函館の老舗旅館竹葉新葉亭
創業66年。
真心のもてなしと純和風の趣ある館内。
早速、温泉で癒やしのひととき。

t160213_18.jpg

温泉のあとは、あっと驚く夕食がまっている。
贅を尽くした和食懐石がこちら。
今回は、きんきの柚香漬、活蝦夷鮑の活蒸しなど
旬の食材を提供してくれている。
函館の食をゆっくりと堪能できる宿に訪れてみては?

t160213_19.jpg

竹葉新葉亭
函館市湯川町1丁目26-34
TEL 0138-57-5171


リポーターは、喜多よしかでした。
じゃらん2月号発売中、今回の特集は38P、78Pより詳しく掲載しています。

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/3491