1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. 春の日高を巡る!
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2016年4月30日 19:00

春の日高を巡る!

t160430_01.jpg

本日の旅コミ北海道は、エンディング曲でもおなじみ、
江別市出身のシンガーソングライター。
札幌を拠点に活躍中のアーティスト。
Watana Besta SOCIAL club(ワタナベスタソシアルクラブ)さんと一緒にお届けします!




そうなんです!
日高の春ウニは、まさに今が旬!!
二人が最初に訪れたのは、新ひだか町にあるお店
お料理 あま屋へ。

t160430_02.jpg

日高の春ウニは、日高昆布を食べて育ったエゾバフンウニ。
生や炙りなど、様々な味わいを楽しむことができます。
こちらが期間限定「レアの春うに丼」。
ボリューム満点!

t160430_03.jpg

あま屋自慢のウニ醤油。
ウニONウニ!
トロトロになるまでウニを醤油に混ぜ込みます。
とろみが出たら丼へ。
極上の味わい。

t160430_04.jpg

お料理 あま屋
TEL 0146-42-7545
新ひだか町静内御幸町2丁目5-51
営業時間 11:30~14:00
17:00~22:00
日曜休


続いて二人は浦河町へ。
浜のかあさん直売所

t160430_05.jpg

春ウニが殻付きで購入することができます。
殻付きうに(1キロ)約2,000円。
仕入れの状況により変わります。

t160430_06.jpg

その他にも人気がこちら!
お母さん手作りの「毛つぶ甘露煮」や
「たこまんまのかまぼこ」など、お土産が並んでいます。
今しか食べられない生のうにを是非堪能してみては?

t160430_07.jpg

浜のかあさん直売所
TEL 0146-26-3446
浦河町東栄588
営業時間 9:00~17:00
火曜休
※GWは営業


続いて二人がやってきたのは手作りパン工房
ぱんぱかぱんへ。
t160430_08.jpg

今が旬の浦河産いちご「かおり野」を使用。
特徴はほのかな酸味とさわやかな甘み。

t160430_09.jpg

道産小麦のパン生地にはコーヒーを少し練り込んだ
「春限定クリームサンド」。
いちごを挟み込んだパン。
生クリームは日高乳業のクリームを使用しています。
絶妙なバランスの一品。

t160430_10.jpg

ぱんぱかぱん
TEL 0146-22-4595
浦河町堺町東1丁目1-1
営業時間 10:00~18:30
日・月休
※なくなり次第閉店


続いては、春の山菜の収穫体験ができる
若林農園をご紹介。

t160430_13.jpg

その山菜は、ギョウジャニンニク!
地元では「キトビロ」と呼ばれています。

 t160430_14.jpg

茎が長いほうが食べごろ。
香りも良く、春の訪れを感じることができます。
今回は特別に試食もさせてもらいました。
焼いても良し。天ぷらにしても良し。
収穫時季は5月10日頃まで。

 t160430_15.jpg

若林農園
TEL 01456-7-2057
日高町広富123
営業時間 8:00~17:00
不定休
※事前に要確認


続いては、日高エリアの情報!

 t160430_16.jpg

今回宿泊したのはこちら
日高オーベルジュ ナチュラルリゾート・ハイジア
日高の恵みで心と体を癒やし、非日常の時間が流れる空間。

 t160430_17.jpg

この時期だからこそ 春ウニのスペシャルフルコースを堪能。
えりもの短角牛や鹿など地元のグルメも楽しめます。
魚料理は、赤ガレイを春ウニのソースで。
今だけの旬は1日1組限定。
優雅なひと時をこちらで過ごしてみては?

 t160430_18.jpg

日高オーベルジュ ナチュラルリゾート・ハイジア
TEL 0146-48-2800
新ひだか町静内東別383-59


t160430_19.jpg

今回のリポーターは
旅コミ北海道のエンディングテーマ曲を歌ってくださっている
ワタナベスタ ソシアルクラブさんと喜多よしかでした。

今回の特集は118ページから詳しく掲載しています。


 


 


 


 

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/3544