旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2016年6月25日 19:00

海が呼んでいる!
港町で寿司&クルーズ

t160625_01.jpg

北海道では様々なショートクルーズが楽しめます!
今回は「小樽ルート」「室蘭ルート」の2カ所をご紹介!
海から眺める景色は、今までにない感動を...。
さらに、期間限定お得な「旬のにぎりセット」は
リーズナブルでボリュームたっぷり!
その他、驚きのアイスも登場!!
この夏ピッタリのオススメスポットをご紹介します!!




最初にご紹介するのは、小樽で楽しめるクルーズをご紹介。
t160625_02.jpg

小樽海上観光船では、国定公園に指定された景色を堪能できます。
小樽港からオタモイ沿岸を巡る90分のショートクルーズ!


t160625_03.jpg

ガイドもしていただきながら、海からの景色を楽しむことができす。
その他、自然が作り出したダイナミックな景色も見ることができる。

t160625_04.jpg
小樽海上観光船
TEL 0134-29-3131
小樽市港町4-2


小樽出抜小路にある和風じぇらーと 和どうへ。
t160625_05.jpg

ジェラートを北海道産牛乳とあわせたシェイクを販売。
和風にこだわっているので、店内の表記はひらがなになっているという。
ジェラートは10種類。
この時期ピッタリの一杯。

t160625_06.jpg
和風じぇらーと 和どう
TEL 0134-64-4127
小樽市色内1丁目1-17
(小樽出抜小路内)
営業時間 11:00~19:00
無休


小樽といえばお寿司。
小樽たけの寿司へ。
t160625_07.jpg

期間限定!2000円の寿司セットがこちら!!
この時期は、ウニ、トキシラズ、ニシン、そしてシャコなど
様々な食材が揃っています。

t160625_08.jpg

期間限定の寿司セットがこちら!
「旬の限定にぎり」。
1日20食のみ!
さらに、小樽産「ミニ ウニイクラ丼」もついている。
春のシャコはメスが卵をたくさんもっている。
オスのシャコもついているので、味比べができる。
小樽で作られたガラスの器も利用しており、
小樽づくしが堪能できる。
旬のこの時期にぜひ食べてみては?

t160625_09.jpg
小樽たけの寿司
TEL 0134-25-1505
小樽市堺町2-22
営業時間 11:00~15:00
17:00~21:00
木曜休


続いては、室蘭へ。
美味しいアイススポットへ。        
t160625_10.jpg

去年7月オープン。
スイーツやアイスケーキ、ジェラートなどが並ぶ人気のお店。
アイスは今の時期は人気。
ジェラートは16種類。

t160625_11.jpg

今のおすすめは、「いちご杏仁」と「ココパイン」。
伊達産のいちご、完熟パインのジェラート!
そして、7月上旬から発売する驚きのアイスが登場!!
メロンをまるごと使用。
メロンのアイス、バニラのアイス、果肉と層になっている。
家族皆で食べてみては?

t160625_12.jpg
おかしLABO Soleil Solaire
TEL 0144-38-6660
苫小牧市三光町5丁目26-14
営業時間 10:00~20:00 
不定休


つづいて訪れたのは辰巳寿司
t160625_13.jpg

創業49年。登別にあるお店。
握り10カンと豚の角煮、甘えびの土瓶蒸しがついている。
今は甘海老が旬。マツカワガレイも地元であがったので、
使用しているという。

t160625_14.jpg

鰈の王様、マツカワガレイ。
太平洋側で今の時期採れる魚ではおすすめだという。
かつおダシを使用した土瓶蒸し。
えびの旨みと一緒に楽しんでみては?

t160625_15.jpg
辰巳寿司
TEL 0143-85-5155
登別市中央町2丁目13-4
営業時間 11:30~1400
16:00~23:00
無休


つづいては、室蘭の夜景へ。
t160625_16.jpg

「てつの街・室蘭」だからこその夜景を楽しめる
スポットがこちら!
日本6大工場夜景にも選ばれている。
迫力満点の工場と移り変わる陸の風景が、
非日常の世界へ誘います。

t160625_17.jpg

海からの眺めに、今までにない感動を覚える。
光に彩られ、未来都市のような、そんな世界が広がります。

t160625_18.jpg
スターマリンKK ナイトクルージング
TEL 0143-27-2870
室蘭市祝津町1丁目127-12
 


リポーターは、三谷真理子、安藤麻実でした。
今回の特集は北海道じゃらん7月号P.52、P.64、P.72に詳しく掲載しています。
       


カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/3849