1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. はこだてクリスマスファンタジー開催中
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2016年12月12日 10:55

はこだてクリスマスファンタジー開催中
新グルメスポットからナンバーワン温泉まで 冬の函館

t161210_01.jpg

はこだてクリスマスファンタジー開催中!!
函館駅前、元町エリアもイルミネーションで彩られ、
街全体が幻想的な世界に包まれる...。
今年は北海道新幹線が開業!
どんぶり横丁では、記念の海鮮グルメがお得に味わえる!
様々な新スポットもオープン!!
函館イタリアン、かき小屋、くつろぎのカフェ、
さらに函館エリア日帰り温泉ナンバーワンのスポットなど
冬の函館の魅力をたっぷりとご紹介!
 
今年8月にオープンしたお店からご紹介。
t161210_02.jpg

札幌と函館で修行を重ね、イタリア、フランス料理をベースに
函館近郊の食材を使った独創的な料理を作りあげていく。

t161210_03.jpg

八雲産豚肩ロースのハーブマリネオーブン焼き。
手間暇かけた八雲産豚肩ロース。
クリスマスに雰囲気のよいレストランでお食事というのも
いいのでは?

t161210_04.jpg
matsu
TEL 0138-85-6332
函館市梁川町18-3
ハイルックビル1階
営業時間 18:00~翌1:00
不定休


続いては、新幹線開業による、お得な海鮮グルメをご紹介!
t161210_05.jpg

自慢の海鮮グルメを1500円で提供。
その一つがこちら朝市食堂 馬子(まこ)とやすべ。
海鮮丼に、プラスして紅さけのハラスがたっぷり。
さらに、イカ刺しなどがついて、ボリュームも満点。

t161210_06.jpg

お米はふっくりんこを使用。
北海道新幹線開業を記念して来年の3月まで提供。
このボリュームでこの価格は今だけ。
函館へ出かけた際は、お得に楽しんでみては?

t161210_07.jpg
■朝市食堂 馬子とやすべ
TEL 0138-26-4404
函館市若松町9-15
どんぶり横丁内
営業時間 6:00~16:00
水曜休


続いては、函館エリアの日帰り温泉をご紹介。
t161210_08.jpg

函館エリアの日帰り温泉で、ナンバーワンに輝いたのが
谷地頭温泉。
2013年に民営化されリニューアル。
豊富な源泉を贅沢にかけ流し。
五稜郭の星のカタチをした露天風呂も人気。
この機会に足を運んでみては。

t161210_09.jpg
谷地頭温泉
TEL 0138-22-8371
函館市谷地頭町20-7
営業時間 6:00~22:00
第2、4火曜休


続いては、今年8月オープンのお店をご紹介。
t161210_10.jpg

こちらのお店のおすすめメニューは、
缶に入れて蒸し焼きにするガンガン焼きが人気。
もともとは漁師料理だという。
 実は、現役漁師の菅原さん。
その人脈を生かし、地元の新鮮な海産物を仕入れることが
できるといいます。
カセットコンロで蒸した海鮮を食べに出かけてみては?

t161210_11.jpg
かき小屋 昇光丸
TEL 0138-23-5333
函館市松風町15-4
営業時間 11:30~14:30
17:00~22:00
日曜休


函館の新スポット。
t161210_13.jpg

元町エリアに今年オープンしたカフェをご紹介。
コーヒー好きが高じてお店をオープン。
北海道初上陸。
日本で初めて、炭焼きコーヒーを提供した「萩原コーヒー」を
味わうことができます。

t161210_14.jpg

オススメが「ランチタイムのサンドイッチセット」。
本州からもお客様が増えているといいます。
炭焼きコーヒーは濃いというイメージがありますが、
萩原コーヒーはすっきりとした味わいが特徴。
あんこをはさんだ小倉サンドと一緒に楽しんでみては?

t161210_15.jpg
YAMAYOSHI COFFEE
TEL 0138-24-3900
函館市元町31-24
営業時間 10:00~19:00
月曜休


最後は函館滞在におすすめの宿をご紹介。
t161210_16.jpg

函館駅前に、新たにオープンしたホテル。
フォーポイント バイ シェラトン函館。
来年春にはグランドオープンを目指いているという。

t161210_17.jpg

13階には、函館の夜景を眺めがらゆっくりと
くつろげる「夜景バー」。
その他、夜景ルームなど上質な空間を提供。
街全体が幻想的な光で包まれている函館へ
おでかけしてみては。

t161210_18.jpg
フォーポイントバイシェラトン函館
TEL 0138-22-0111
函館市若松町14-10


じゃらん12月号、ただいま発売中。
今回の特集は86ページから詳しく掲載しています。

今回のリポーターは喜多よしかでした。

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/3989