旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2017年2月 4日 19:00

札幌 雪まつり 小樽 雪あかりの路
イベントの後は熱々グルメ



「さっぽろ雪まつり」や「小樽雪あかりの路」にお出かけした後に
冷えた体を温める熱々グルメスポットをご紹介!
目の前で火柱が上がる串焼きやチーズフォンデュ、藁焼き、薬膳、炉ばた焼き
新店も続々登場します!




まず訪ねたのは、南6条西4丁目。
t170204_02.jpg

2016年8月にオープンしたばかりのサッポロ・ブロシェット
ブロシェットとは、フランス語で串焼きを意味します。
串はお好みで1本から注文!
まずは「鶏のこぼれ焼きねぎ」をいただきます。
続いては、照りがある赤ワインソースがついた串焼きを。

t170204_03.jpg

さらに、ボリューム満点の熱々メニューも。
牛肉とラム肉が交互に刺さった豪快な串焼き。
ラム酒をかけ、火をつけることで
肉にお酒と木の風味を加えます。
火が消え、目の前で食べやすい大きさに。
目の前で火が立ち上る熱々グルメ、この冬必見です。

t170204_04.jpg
SAPPORO BROCHETTE
札幌市中央区南6条西4丁目1-10
TEL 011‐213‐1416


続いては、熱々!チーズフォンデュが登場!
t170204_05.jpg

訪ねたのは、道産チーズを使ったイタリアン。
サッポロ チーズハウス メロ
自慢のチーズを使った熱々メニュー。

t170204_06.jpg

基本的なプレーンはもちろん、チーズはお好みで。
個性や風味がちがう7種類から選べます、
からめる具材は道産食材が中心。
厳選された旬の食材はチーズとの相性も抜群です!

t170204_07.jpg
SAPPORO CHEESE HOUSE Mero.
札幌市中央区南2条西1丁目6-1
TEL 011‐252‐1515


続いては、海の幸を熱々メニューで。
t170204_08.jpg
伺ったのは、わら焼き酒場あくと
炭の熱と藁の煙で調理された料理が人気の居酒屋です。
これぞカツオのたたきの本場・高知での調理法。
藁の風味がカツオのうまみをさらに引きたてます。

t170204_09.jpg

牡蠣も炭の熱と藁の煙で調理。
牡蠣は昆布森など道内産を使用!
1個単位で注文できます。
火が立ち上る迫力の藁焼き!

t170204_10.jpg
WARAYAKI酒場あくと
札幌市中央区南4条西5丁目アイビルⅡ 3階
TEL 011‐261ー7880



t170204_11.jpg

かみこみ豚とは、100頭のうち3頭ほどしか生まれない
希少な豚。
上質な脂身をもちスッキリとした味わいです。
パン粉には干しエビの粉末をいれるなど
中華料理の技法が光ります、
ソースも自家製。カキ油や紹興酒をブレンドすることで
こちらも中華風に。
ランチはごはんと味噌汁付でこの価格。おどろきです。

t170204_12.jpg

続いては、薬膳料理の手法を用いた体が温まるメニュー。
ルウには、山椒やしょうがなど、
漢方や薬膳料理にも使われるスパイスが。
黒い料理を召し上がってはいかがでしょうか?

t170204_13.jpg
中華食堂くろ
小樽市色内1丁目14-5
TEL 090‐6878ー1217


続いては、小樽、近郊で取れた旬の海の幸が。
t170204_14.jpg

大きな炉が自慢のお店。
小樽の八角は、脂がのっている冬が旬!
サイズも大きいのが特徴です。

t170204_15.jpg

さらに、お店1番人気も炙ってもらいました。

t170204_16.jpg
炉ばた屋 鶴吉
小樽市花園1丁目8-23
TEL 0134-22―4733

じゃらん2月号発売中、
今回の特集は70ページ、74ページから詳しく掲載しています。

カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/4036