1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. 寒ガニ・○○!?
    冬の日高 旬グ...
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2017年2月11日 19:00

寒ガニ・○○!?
冬の日高 旬グルメドライブ

t170211_01.jpg

道内でも雪の少ない地域と知られる日高。
冬のドライブにピッタリ!
寒いこの時期ならではの寒ガニに旬の味をお得に
味わう限定グルメ!
日高土産に乗馬体験など、楽しみがいっぱい。
冬も魅力がいっぱいの日高へ旬グルメドライブ!

まずはグルメから。
t170211_02.jpg

まず立ち寄ったのは、地元で愛されている名店天政
春の日高はうにが有名ですが、この時期はカニ。
豪快な丼がおススメです。
道内で一番早く漁獲されるカニ。
冬の海で身が引き締まり
濃い旨みと、甘みが凝縮され、「寒ガニ」と呼ばれています。
期間限定で提供している「冬の日高うまいもの丼」。

t170211_03.jpg

海鮮丼には、今が旬のカニ、タコ、ホッキがのっている。
丼に、カニみそ醬油をかけていただきます。
また、コロッケもついている。
自慢のタコとキャベツが入った「タコロッケ」
今が旬の寒ガニに日高のミズダコ。
この機会にぜひ。

t170211_04.jpg
美味の館 天政
新ひだか町静内御幸町1丁目1-16
TEL 0146-42-1020
営業時間 11:00~21:30(LO)
第一木曜日休み


冬の日高を楽しむ。ここで、お土産探し。
t170211_05.jpg

立ち寄ったの太田養蜂場
家族で営む移動養蜂家。
現在ご主人と息子さんは、12月からハチと一緒に
鹿児島県に渡っているそうです。

t170211_06.jpg

季節ごとに異なった種類の蜜が採れるため
ハチミツの種類が豊富。
小瓶も大瓶もあるため、サイズが選べるのもうれしい。
また、ミツバチの巣で作った
「蜜ろうキャンドル」も販売。
天然素材、安心安全のキャンドルもまた
ハチミツと並んで日高のお土産にピッタリです。

t170211_07.jpg
太田養蜂場
新ひだか町静内御幸町6丁目3-26
TEL 0146-42-2618
営業時間 9:30~18:00
火曜日定休


この後は、馬産地で乗馬体験!
t170211_08.jpg

馬産地ならではの体験を。
馬と身近に触れ合えるライディングヒルズ静内
室内で乗馬を楽しむことができます。
相棒となるのは、はおっとりとした性格のチーフくん。

t170211_09.jpg

慣れてきをたら、こんどは一人で、チーフくんを操作します。
乗馬を楽しんだ後は、厩舎に戻ったチーフく」にエサやり。
室内で天候に左右されず楽しめる乗馬を堪能してみは?

t170211_10.jpg
ライディングヒルズ静内
新ひだか町静内真歌7-1
TEL 0146-42-1131
営業時間  10:00~17:00
日祝は10:00~16:30
月曜定休


つづいてはテイクアウトグルメをご紹介。
t170211_11.jpg

続いては日高が誇るブランド牛を扱うお肉屋さん
自然が育む特選霜降り黒毛和牛。
A5ランクの上質な日高のブランド牛。
注文を受けてから揚げてくれる人気のコロッケ。

t170211_12.jpg

上質なみついし牛が手軽に楽しめます。
こちらはみついし牛入りのメンチカツ。
現地でしか食べられないグルメを食べてみては?

t170211_13.jpg
冬澤精肉店
新ひだか町三石本町153
TEL 0146-33-2515
営業時間 冬季9:00~18:30
夏季 9:00~19:00


つづいては、またまた寒ガニ。
t170211_14.jpg

みついし昆布温泉蔵三は宿泊施設としても
人気ですが、こちらで、期間限定アツアツメニュー、
今が旬の「寒ガニ」セットをいただきます。
石鍋でアツアツの一品。
「寒ガニワザ技セット」。
かに玉あんかけにカニみそ醤油を加えていただきます。
毛ガニの身とマッチングし、絶品です。

t170211_15.jpg

また、小鉢には牛すじ煮込みが。
こちらの牛すじは、昆布を食べて育った
こぶ黒牛の牛すじを使用。
現地でしか食べられない希少な料理。
このセットが食べられるのも2月19日まで。
旬の味をぜひ楽しんでみては?

t170211_16.jpg

ここ「みついし昆布温泉蔵三」は、日帰り入浴が楽しめます。
形が特徴的な露天風呂が自慢です。


みついし昆布温泉 蔵三
新ひだか町三石鳧舞162
TEL 0146-34-2300

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/4037