1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. 見せます!魅せます!北海道のビッグ3
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2018年1月 6日 19:30

見せます!魅せます!北海道のビッグ3
「札幌・小樽・函館の2018年コレ 来る!」
"旬"感ホテル&お宝グルメ&ウワサのお土産

t180106_01.jpg

2018年の旅はコレが来る!
北海道三大観光都市「札幌」「小樽」「函館」で
2018年注目のホテル、グルメ、お土産をズバリ予想!
その魅力を60拡大スペシャルで、たっぷりお伝えします。
更にテレビをご覧の方に10万円の旅行券をプレゼントします!




【2108年コレ来る!札幌編】
t180106_02.jpg

旬感ホテルは、札幌最大級のゲストハウス!
去年7月にオープンし、
人との交流が楽しめるのが魅力の施設です。

t180106_03.jpg

ファミリールームやツインルームなど、
部屋タイプも様々なので使い勝手抜群です。
おいしく、たのしく、あたたかく、というコンセプト。
一般の人も利用できるカフェ&バーがあるので、
旅人同士の交流も楽しめます。

t180106_04.jpg
■Ten to Ten(テントテン)
札幌市北区北6条西8丁目3の4
TEL 011−214--1164


続いて札幌のトレンドスイーツ。
t180106_05.jpg

東京原宿でブームが始まったという
クレープが再びブームの予感!
去年の春にオープンし、
市内では3店舗目のクレープ専門店です。

t180106_06.jpg

安全で安心の素材にこだわっていて、
デザートクレープおかずクレープが30種類以上あります。
中でも「アップルカスタードミルフィーユ」が一番人気。
ワンハンドスイーツを持って街歩きはいかがですか?

t180106_07.jpg
■Clover 北8条店
札幌市北区北8条西5丁目2の3
TEL 011−299−6967


続いて札幌の噂のお土産。
t180106_08.jpg

凛とした札幌の冬をイメージし、
札幌のキャンドル作家さんが作る手作りキャンドルです。

t180106_09.jpg

外国人観光客から人気の火がついたこちらの逸品。
「雪と氷のキャンドル」シリーズは北海道の方も要チェックです!

t180106_10.jpg
■札幌スタイルショップ
札幌市中央区北5条西2丁目5
JRタワーイースト6F 展望室エントランス
TEL 011-209-5501


【2108年コレ来る!小樽編】
t180106_11.jpg

小樽の海運社長邸が、
時代を超えてよみがえり去年11月にOPEN。
大正昭和の名残を残す旧板谷邸を本館として、
その棟続きに完成した極上のホテルです。

t180106_12.jpg

小樽運河まで見渡せる壁一面を
窓にしたお部屋や、日常を忘れられる空間。
新鮮な海の幸・山の幸・小樽地鶏などが
盛り込まれた創作和食会席も楽しみです。

t180106_13.jpg 
■小樽海宝樓倶楽部
小樽市東雲町1の19
TEL 0134−64--1135


続いて小樽のご当地グルメが進化!
t180106_14.jpg

お店にはあんかけ焼きそばが20種類も!
「白いミルクあんかけ焼きそば」が
21種類目のメニューとして復活しました!

t180106_15.jpg

ミルクにあうエビや鶏肉、白菜がたっぷり。
ヒット間違いなしの逸品です!

t180106_16.jpg 
■龍鳳
小樽市稲穂4の4の9
TEL 0134--23−9918


小樽の噂のお土産もチェック。
t180106_17.jpg

「魔法の一滴 本みりん」は、
北海道産のもち米100%。

t180106_18.jpg

上品なテリ、つやなどは料理にかけると
お料理ががらりと変わることからこの名前がついたそうです。
濃厚な甘味は食前酒としても楽しめます。

t180106_19.jpg 
■田中酒蔵 亀甲蔵
小樽市信香町2の2
TEL 0134--21−2390


【2108年コレ来る!函館編】
t180106_20.jpg

函館の旅のトレンドは
プライベートスタイルで楽しむ旅。
和のたたずまいでノスタルジックな雰囲気で、
築100年近くの古民家をリノベーション。

t180106_21.jpg

建物をそのまま一棟貸しするという、
函館ではとても珍しいスタイルの宿なのです。
気の置けない仲間やファミリーで楽しめそうです!
近くにある系列ホテルにいくと館内の温泉を利用することも。

t180106_22.jpg
■函館クラッシックホテルズ藍
函館市弁天町16の9
TEL 0138−87−0038


続いて函館の注目グルメ。
t180106_23.jpg

黒い色素成分アントシアニンが含まれる
ブラックフードが流行の兆しです!

t180106_24.jpg

注目のブラックフードが「函館イカ ナポリタン ブラック」。
イカスミは食べやすさにこだわり、丁寧に下処理。
生パスタなのでもちもち感がたまりません。

t180106_25.jpg
■Caldo Calcio
函館市花園町22の26
TEL 0138--54−3737


最後は噂のお土産へ。
t180106_26.jpg

「ホタテのおこげ」は、
ホタテ出汁で炊いたごはんに、ホタテの自家製チップを入れ、
ホワイトソースを練り込んだ逸品。
おこげの食感と香ばしい食感がたまりません。
まるで一口サイズのドリアのようです。
函館に行ったら、ぜひお買い求めください!

t180106_27.jpg
■函館 幸寿司
函館市湯川町1の27の2
TEL 0138--59--5437
※幸寿司ほかJR函館駅、函館空港などで販売


リポーターは喜多よしか、安藤麻美、三谷真理子でした。

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/4294