1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. 2019年 温泉開き!
    北海道じ...
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2019年1月 5日 19:30

2019年 温泉開き!
北海道じゃらん厳選 癒やしの30連湯

t190105_01.jpg

2019年最初の旅コミは、TVh開局30周年を記念して数ある温泉施設から
癒やしの日帰り温泉30カ所をどど~んとナビゲート。
道内の温泉を誰よりも知り尽くした旅コミリポーターが集結し
温泉神7と称されるいま最も旬の温泉を徹底取材!




まずは日本海の沿岸の名湯へ!
日本庭園風の露天風呂は芯から温まると評判です。
t190105_02.jpg
■はぼろ温泉サンセットプラザ 
羽幌町北3条1丁目29番地


いわない湾を一望できる絶景露天へ。
夜もまた最高。しょっぱいにごり湯です。
t190105_03.jpg
■いわない温泉 ホテルグリーンパークいわない
岩内町野束500


こちらも日本海をひとりじめできる絶景露天。
天気がよければ積丹岬や神威岬も望むことができます。
t190105_04.jpg
■岬の湯 しゃこたん
積丹町野塚町212-1


温泉神7のひとつめへ!
t190105_05.jpg

「泉質」が神!は大自然の中にあるこちらの秘湯。
鉄分の成分が多い泉質は、美人の湯ともいわれています。

さらに渓流沿いの露天大浴場も魅力。
春は新緑、夏は満天の夜空、
秋は紅葉、冬は雪景色...と四季折々の自然を感じられます。

t190105_06.jpg
■八雲温泉 おぼこ荘
八雲町鉛川622


戻って、再び海を見渡す日高の名湯へ。
船の形をした露天風呂で、太平洋を一望できます。
t190105_07.jpg
■みついし昆布温泉 蔵三
新ひだか町三石鳧舞162


噴火湾を望む、地元に愛される温泉も。
館内には25mプールもあってファミリーに評判です。
t190105_08.jpg
■虎杖浜温泉ホテル「ぬくもりの湯」
白老町虎杖浜73−5


スキーリゾートホテルの温泉も穴場!
アクティビティで疲れた体を、
温泉と岩盤浴で癒やすことができます。
t190105_09.jpg
■キロロ温泉 遊湯館
赤井川村常盤128番地1 キロロリゾート


人気温泉地の中でも絶景の湯宿。
最上階9階にある天空露天風呂からは、
洞爺湖を一望することができます。
t190105_10.jpg
■絶景の湯宿 洞爺 湖畔亭
洞爺湖町洞爺湖温泉7-8


洞爺湖といえば...次は「絶景」が神!
去年、4月にリニューアルした8階大浴場。
中でも露天風呂「星の湯」は、
眼の前が水をたたえる湖面と一体化する、寝そべり湯。
洞爺湖の中に溶け込むような
インフィニティバスで、ゆったりできます。
t190105_11.jpg 
■洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス
洞爺湖町洞爺湖温泉21


ここからは札幌近郊にある日帰り温泉オンパレード。
カピパラがお出迎えしてくれる温泉は、
太古の海水「化石海水」の湯冷めしにくいお湯です。
t190105_12.jpg
■石狩天然温泉 番屋の湯
石狩市弁天町51-2


24時間、いつでも温泉を満喫できるこちら。
お風呂のあとは、大広間でお食事したり
レンタルルームで仮眠も可能という贅沢。
t190105_13.jpg
■小樽温泉 オスパ
小樽市築港7-12


大自然の中、屋根のない広々とした
露天風呂でリフレッシュできる温泉です。
神経痛や筋肉痛などに効能があるといわれています。
t190105_14.jpg
■浜益温泉
石狩市浜益区実田254ー4


通称あたたまりの湯といわれる温泉も。
塩が肌にくっついて保温効果がうまれるそうです。
道の駅にあるので、行きやすいのも魅力。
t190105_15.jpg
■しんしのつ温泉 たっぷの湯
新篠津村第45線北2番地


続いての神7は「秘湯」が神!
t190105_16.jpg

携帯電話が圏外になるほどの秘湯中の秘湯!
湯治客から「 治らぬ病なし 」と言わしめた、
100有余年の歴史を誇る名湯です。

一度に長時間はいるのではなく、
3分を目安に出たり入ったりすることで、
体に優しく、安全に楽しめる「 分割湯 」がオススメ!

t190105_17.jpg
■然別峡 かんの温泉
鹿追町然別国有林145林班


北広島にある知る人ぞ知る名湯。
コーヒー色のお湯が魅力のこちらは、
雪が降るとまた幻想的な露天風呂に!
t190105_18.jpg
■やすらぎの湯の里 竹山高原温泉
北広島市富ヶ岡896番地


手ぶらでいけるアメニティ充実温泉。
石狩平野も一望できて、癒やされます。
t190105_19.jpg
■ふとみ銘泉 万葉の湯
当別町太美町1695


体の芯からあたたまると、
マチの人が心から愛する名湯です。
「温泉めぐりスタンプラリー」でも人気の温泉。
t190105_20.jpg
■ながぬま温泉
長沼町東6線北4番地


世界で2ヶ所しかないといわれいていた
植物性モール温泉が、厳選100%かけ流しで堪能できます。
t190105_21.jpg
■湯元 富士ホテル
音更町十勝川温泉


続いての神7は「湯治」が神!
t190105_22.jpg

世界に2つしかない「石灰華ラジウム」が
楽しめるそのお湯は、さまざまな効能をもち、
1年中、湯治客で賑わっています。

露天風呂から見える「石灰華ドーム」は
温泉に含まれた成分・炭酸カルシウムの成分が
蓄積して誕生したという珍しい岩なので注目。

t190105_23.jpg
■二股らぢうむ温泉
長万部町大峯32番地


「ウエルカムベビーのお宿」認定ホテルへ。
美肌効果があると言われる光明石温泉。
t190105_24.jpg
■ホテル ナトゥールヴァルト 富良野
富良野市北の峰町14−46


標高1280mに位置する、
北海道で最も高い場所にある温泉宿。
赤茶色の出湯につかりながら楽しめる大パノラマ。
t190105_25.jpg
■湯元 凌雲閣
上富良野町十勝岳温泉


続いての神7は「絶品グルメ」が神!
t190105_26.jpg

山間に湧く秘湯は、60年以上にわたり
地元の方や旅行客を癒やしてきました。

そして名物グルメが、合鴨鍋。
北海道産野菜にこだわり、お豆腐は地元の
「白川とうふ店」のものを使用。
これをお目当てにくるお客さんもたくさんいるそうですよ。

t190105_27.jpg
■湯の元温泉旅館<絶品グルメが神!>
三笠市桂沢94番地


北海道最高峰が目の前に迫る絶景。
開放感バツグンの露天風呂で、
肌に馴染むやさしいお湯を堪能できます。
t190105_28.jpg
■森のゆ 花神楽
東神楽町25号


湯冷めしにくいことから別名
「熱の湯」といわれる温泉。
テレビ付きの露天風呂もくつろげると人気。
t190105_29.jpg
■天然温泉 岩見沢 ゆらら
岩見沢市上幌向南1条1丁目1196-2


続いての神7は「リニューアル」が神!
t190105_30.jpg

昨年4月にリニューアルし、露天風呂が新くできました!
内湯の檜風呂もリニューアルしていて、檜の香りが豊か。

こちらには日帰り温泉と一緒にランチを
楽しめるプランもあるので要チェックです!

t190105_31.jpg
■ログホテル メープルロッジ
岩見沢市毛陽町183-2


日本特有の泉質をもつ川湯温泉へ。
肌もすべすべになるといわれ、温度の違う3つの浴槽も評判。
t190105_32.jpg
■川湯観光ホテル
弟子屈町川湯温泉1丁目2番30号


川湯温泉で飲泉ができる温泉をもう一湯。
飲む温泉としても
医療的効果が評価されているそうです。
t190105_33.jpg
■お宿 欣喜湯
弟子屈町川湯温泉1-5−10


登別カルルス温泉にある老舗旅館。
リニューアルして湯冷めしにくいお湯が自慢。
t190105_34.jpg
■深山の庵 いわい
登別市カルルス町27番地


全国区の知名度と人気を誇る、登別温泉。
日本でも珍しいドーム型のローマ風呂と
多彩な泉質が楽しめる人気のお宿。
t190105_35.jpg
■登別グランドホテル
登別市登別温泉町154


最後の神7は「歴史」が神!
t190105_36.jpg

国内の10種類ある泉質のうち、
5つの泉質が一度に楽しめることでも人気。
さらに、露天風呂にはドリンクカウンターがあって
お風呂でドリンクを飲むことができます。

第一滝本館は、創始者の滝本金蔵さんが
皮膚病の奥さんのために作った「金蔵の湯」から
始まったという、深い歴史がある温泉宿でした。

t190105_37.jpg
■第一滝本館
登別市登別温泉町55


みなさんも新年は温泉で癒やされてみてくださいね。
今回の特集はじゃらん1月号を基にしたおオリジナル企画です。


トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/4538