1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. 美味しい店は美味しい店にきけ!
    ...
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2019年6月 1日 19:00

美味しい店は美味しい店にきけ!
人気店シェフが通う とっておきの名店

t190601_01.jpg

日々美味しい料理を作る料理人が通うお店こそ、
名店なのではないか...
という事で今回の旅コミ北海道では
腕利きの料理人が自らの舌で選んだ、
ごひいきのお店を教えて頂きました!
お店選びに迷ったら、ぜひこちらを参考にしてみては!





まずご紹介してくれるのはこの方!
t190601_02.jpg

札幌の中心部「サッポロファクトリー」内に
お店を構えるイタリアンレストランで腕を振るう、
北海道食材を活用した「北海道イタリアン」の
提唱者でもある堀川シェフ。

t190601_03.jpg

「厚岸産白魚と押谷さんのアスパラ
留萌産小麦の自家製タイオリーニ」といった
素材にもこだわりたっぷりのメニューが揃う名店です。

t190601_04.jpg

■トラットリア/ピッツェリア テルツィーナ
札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリーレンガ館1F
TEL 011-221-3314




そんな堀川シェフのオススメ1店舗目は...
t190601_05.jpg

札幌時計台のすぐ近くにあり、
旬の食材を使った、スパニッシュやイタリアンが
楽しめるお店です。

t190601_06.jpg

堀川シェフのお気に入りメニューは
「角煮サンドセット」。
とろっとろになるまで煮込まれた角煮が
豪快にバケットに挟まっていて食べ応え◎。
夏はテラス席でおつまみと一緒に
ワインを頂くのがシェフのお気に入りだそうです。

t190601_07.jpg

■山猫バル 
札幌市中央区北1条西2丁目11-1 第23山京ビル1F
TEL 011-206-0566




続いて2店舗目は...
t190601_08.jpg

すすきのにこぢんまりと店を構える串焼とおでんのお店。
かつおと昆布のダシによってすっきりと上品な
味わいのあるスープに、ほどよく煮込まれたおでんが味わえます。

t190601_09.jpg

関西風のすっきりとしたスープがシェフのお気に入りポイント。
さらに外せないメニューは「わっぱ飯」という
ご飯をおでんのダシで蒸し上げたひと品に、
おでんのダシ汁をかけてひつまぶし風に食べるもの!
ぜひみなさんも人気シェフが絶品の味を食べに行ってみては?

t190601_10.jpg

■串焼・おでん 古屋(こや)
札幌市中央区南6条西4丁目 G4ビル2F
TEL 011-531-5823




続いては紹介してくれるのは、この方!
t190601_11.jpg

小樽の中でも名店中の名店「おたる政寿司」は
創業80年あまり、地元客はもちろん
観光客からも人気を集める寿司店。
その三代目として腕を振るう、中村さんです。

t190601_12.jpg

小樽や近海産の旬の握りは定評があります。

t190601_13.jpg

■おたる政寿司
小樽市花園1丁目1-1
TEL 0134-23-0011




そんな中村さんのいきつけ1店舗目は...
t190601_14.jpg

小樽運河の通りから一本入った路地裏にある
美味しい洋食屋さん。

t190601_15.jpg

「小樽産ウニのスパゲッティ」は
熱を通すことで生とはまた違った風味や食感になるウニや
バター醤油&昆布だしのソースが中村さんのお気に入り。
後志地域で獲れた魚介類、野菜、果物、北海道産乳製品など
地元食材を使用したご当地グルメ
「しりべしコトリアード」もおすすめです!

t190601_16.jpg

■洋食屋マンジャーレ TAKINAMI
小樽市色内2丁目1-16
TEL 0134-33-3394




中村さんのいきつけ2店舗目は...
t190601_17.jpg

昭和29年創業の老舗のそば屋さん。
店内は、かつての回船問屋を移築した趣ある空間。

t190601_18.jpg

「天ざるせいろ」などで味わえる、
更級そばののどごしの良さと「花揚げ」の天ぷらが
中村さんのお気に入りポイントです!
「花揚げ」とは花が咲くように材料に衣をまとわせる揚げ方のこと。
蕎麦焼酎のそば湯割りなど、おいしいお酒がいただけるのも高ポイント。

t190601_19.jpg

■蕎麦屋・籔半
小樽市稲穂2丁目19-14
TEL 0134-33-1212




今回の企画はじゃらん6月号を基にしたオリジナル企画です。
リポーターは石黒佳奈さんでした。

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/6690