1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. ぷらっとお出かけ♪小樽で夕涼み
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2019年8月17日 19:00

ぷらっとお出かけ♪小樽で夕涼み

t190817_01.jpg

今回は、涼しさを求め、夕暮れ時の小樽で
新グルメ・新スポットをご紹介しました!
北海道随一のクラシックホテルを
現代的感性で再生したホテルのレストランでは、
柔らかなジャージー牛のステーキを。
そして、運河沿いに建つホテルソニア小樽のレストランでは、
お寿司とお肉の両方を味わえる贅沢なコース料理を堪能。
小樽・OSAワイナリーのワインも頂きました。
さらに、泊まれるビアバーや、天狗山の山頂に期間限定で
オープンする夜景カフェもご紹介しました!




まずは「北海道三大夜景」へ!
t190817_02.jpg

天狗山山頂駅のすぐ上の展望台には
なんと8月だけ期間限定で夜景カフェがオープンするのです!
夜景カフェのオープンに合わせてレストランも
リニューアルするのでオリジナルのドリンクなどが楽しみですね。

t190817_03.jpg

さらに「ノスタルジック夜景カフェ」オープン中の24日は
「おたる天狗山夜景の日」と題し、ステージイベントや
花火も打ち上げ予定だそう!
ロープウェイ乗車も特別料金になるのでお見逃しなく!

t190817_04.jpg

■天狗山ロープウエイ
小樽市最上2丁目16の15
TEL 0134−33−7381




続いてニューオープン多数の色内エリアへ。
t190817_05.jpg

ホテルソニア小樽に今年オープンした同店は
こだわりの道産食材を「寿司」と「炙り」で提供する
オトナの「和・モダンバル」です。

t190817_06.jpg

おススメの「蝦夷前コース」は、
前菜3種のほか道産牛ヒレ肉、握り寿司などが鮮やかに盛り付けられています。
ぜひ、地元・小樽の希少なワインと一緒に味わってみてください。

t190817_07.jpg

■寿司&グリル IL ONAI(イル オナイ)
小樽市色内1丁目4の20 ホテルソニア小樽1F
TEL 0134−23−2600




続いてもニューオープンスポット!
t190817_08.jpg

小樽市の歴史的文化財に指定されているこちらのホテル。
情緒や建築美はそのままにリノベーションされている注目スポットです。

t190817_09.jpg

ホテルの中のレストランでは本格フレンチが味わえます。
「シェフ厳選北海道新得町関谷牧場ジャージー牛リブロースステーキ」は
なんと500gとボリューム満点!
キュイジーヌというフランス料理の新しいスタイルで提供してくれます。

t190817_10.jpg

■UNWIMD HOTEL & BAR (アンワインド ホテル アンド バー)小樽
小樽市色内1丁目8の25
TEL 0134−64−5810




おなかもいっぱいになったところでデザートタイム!
t190817_11.jpg

今年3月にオープンしたポレポレは食事とお酒はもちろん
パフェの利用もOKのパフェバーなのです。

t190817_12.jpg

8月限定の「チョコミントパフェ」は
チョコもクッキーもアイスも、スイーツ大好きな
オーナーが厳選したものばかりで、
食べ進めるとちがう食感を楽しむことができます。

t190817_13.jpg

■Parfait Bar Polepole(パフェ バー ポレポレ)
小樽市花園1丁目8の1嵐山新地
TEL 080−7202−1003




パフェで〆たと思いきや...
t190817_14.jpg

〆の〆のもう一杯!
今年2月にオープンした同店では、
地元小樽を始め、日本各地、さらに海外のものまで
個性的なクラフトビールを楽しむことができるんです。

t190817_15.jpg

4種類を選ぶことができる飲み比べセットがおススメ。
さらに、店舗の一部が宿泊施設になっているので、
飲みすぎちゃっても安心ですよ!

t190817_16.jpg

■OTARU TAP ROOM CRAFT BEER&HOSTEL
小樽市色内2丁目4の8
TEL 080−9613−3285(HOSTEL)




今回の企画はじゃらん8月号を基にしたオリジナル企画です。
リポーターは藤原佐智さんでした。

カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/6755