1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
  3. わざわざ食べるべき!名物そばの店
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2019年10月 5日 19:00

わざわざ食べるべき!名物そばの店

t191005_01.jpg

新そばのシーズン到来!コスパ抜群そば店から、
この店ならではのご当店そば。
さらに一緒に食べたい旨いものがあるそば店まで一挙にご紹介!



まずはボリューム満点のおそば!
t191005_02.jpg



日本料理師範の店主が手掛ける
十割そばが人気のお店です。
一般的な量の約2倍が普通盛りという
ボリュームたっぷりのおそばです。



t191005_03.jpg


メニューは全て美幌産の
一等級そば粉を使った十割そばなのにリーズナブル!
しかも毎年収穫時期は店を休んで美幌の畑で
自らそばを収穫してくるこだわりっぷりです。
しかも、頼んでいないのに野菜天ぷらまでついてきます!


t191005_04.jpg

■板前農民美幌十割そば
札幌市豊平区平岸2条13丁目2-23 
℡ 080-6067-5067



続いて、一度味わいたい名物そば。
t191005_05.jpg


生産者が丹精込めて育てたものを、
美味しく提供することがお店のモットー。
佐呂間産と蘭越産を独自にブレンドした
二八そばを提供しています。


t191005_06.jpg


そばの他、鴨肉と野菜を鉄板で焼いて提供する
「鴨焼きせいろ」は、埼玉から取り寄せた鴨肉が
程よい脂とジューシーな食感で人気です。
鉄板に残った肉汁にそばを絡めても美味しいですよ。
秋からの新メニュー「天とじそば」もおススメです♪


t191005_07.jpg

■手打ちそば処 縁(えん)
室蘭市中央町2丁目2-16 
℡ 0143-22-5553



そばと一緒に食べたい名物メニューも。
t191005_08.jpg


江戸前ならぬ蝦夷前そばという粋なネーミング。
「落葉きのこぶっかけ蕎麦」は大きな
きのこがたっぷり。秋の味覚を独り占めできちゃいます。
10月中旬までなのでお早めに!


t191005_09.jpg


こちらではそばの前にグイッと一杯、の
「そば前」も提案しています。
日本酒にあわせる肴は「きつねのペペロンチーノ」。
そばつゆのかえしで甘く煮込んだ油揚げをオリーブオイル、
ニンニク、鷹の爪でソテーしたイタリアン風味です!


Still1001_00026.jpg
■蝦夷前 そばと豚丼 北堂(ほくどう)
札幌市北区北17条西4丁目2-20 ライオンズマンション北大前1F  
℡ 011-374-8883




続いては、一風かわったサイドメニュー。

t191005_11.jpg


昭和35年創業の老舗そば店。

具沢山で彩りがキレイな「納豆そば」は
創業当時から変わらないボリュームと味。
お蕎麦屋さんなのにラーメン、丼、定食と
メニューの種類が豊富で、なかでも圧倒的人気が「カツ丼」。


t191005_12.jpg


珍しいのは、カツが別盛りなこと。
出前をしていた当時、ごはんをふやけさせず美味しい状態で
食べてほしいという気配りからこうなったそう!


t191005_13.jpg

■そばの小がね 輪西店
室蘭市輪西町1丁目35-5 
℡ 0143-44-3501




最後も札幌では珍しい逸品。
t191005_14.jpg


多彩な軍鶏料理を中心に提供している
軍鶏料理の専門店なんですが
数量限定で手打ちそばがいただけるんです!


t191005_15.jpg


東神楽産のそば粉は通常と粗挽きの2種類を使用し
毎朝お店で手打ちしています。
札幌では珍しい軍鶏は、現地に足を運び惚れ込んだ
福島県の川俣シャモを使用するこだわり。
軍鶏ダシでとったつけ汁も風味豊かですよ!

t191005_16.jpg

■軍鶏鍋・軍鶏料理・手打ち蕎麦「かるいち」
札幌市中央区北2条西17丁目1-20 
℡ 011-614-5556




今回の企画はじゃらん10月号を基にしたオリジナル企画です。
リポーターは青山千景さん、藤原佐智さんでした。

カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/6800