1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 旅コミ北海道 じゃらん de GO! >
旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2019年11月 2日 19:00

t191102_01.jpg

11月11日はチーズの日!
これは、日本最古のチーズに関する記録が11月だった事に由来しており
チーズ普及協議会などが1992年に制定した記念日なんです。
そこで今回は、札幌市内で楽しめるチーズグルメをたっぷりとご紹介!
この時期ならではの珍しいチーズに、味わい深いチーズパン、
アツアツとろ~りチーズメニューに、
パティシエの個性が光るチーズケーキと
とにかくチーズづくし!




まずはチーズを買いに!

t191102_02.jpg


札幌市・円山エリアに今年4月

オープンしたばかりの、チーズ専門店です。
本場ヨーロッパのチーズを
およそ60~70種類ほど置いています。

t191102_03.jpg


秋口から冬にかけて出回るチーズ
「モンドール」がおススメ。
とろとろのチーズを、スプーンですくって
そのまま食べたり、温めてチーズフォンデュにも!
店内にイートインスペースがあるので味見できちゃいます。


t191102_04.jpg

■フロマジュアユリー エクレレ
札幌市中央区南2条西23丁目2-17 ライオンズマンション裏参道1F
TEL 011-614-0900




続いてはチーズを使ったパン!

t191102_05.jpg


夫婦2人で切り盛りしているお店で、
菓子パンからハード系のパンまで約50種類ほどの品揃え。

t191102_06.jpg


チーズ感が強いのは「ダブルチーズ」というパン。
内地の人にも人気の、函館で作っているモッツァレラチーズ
「リュクス」を使用しているそう。
クリームチーズを使った甘いパンなども豊富!

t191102_07.jpg

■kawakami bakery ろっぱや 
札幌市西区八軒3条東1丁目3-8 キャッスル八軒1F
TEL 011-215-6877




こちらでもチーズパンを!
t191102_08.jpg


花農家の敷地内にあるパン屋さん。
看板メニューは十勝産の小豆に炊いたお米が入った
「もっちり小豆」だそうです。


t191102_09.jpg


「トマトブラックオリーブチーズのリュスティック」
はお酒のお供にもぴったりのパンです。
キレイに手入れされたお庭を見ながら食べるのもおススメ。

t191102_10.jpg

■Kakitsubata Bakery
札幌市南区川沿4条3丁目4-15 田中光花園敷地内
TEL 011-573-7275




お次はチーズといえば、のラクレット!
t191102_11.jpg


その名の通り、ラクレットが名物のお店。
お店の一番人気のメニューは
「ロースト肉4種盛りラクレット」!


t191102_12.jpg


喜茂別町「タカラ牧場」のチーズを、
しほろ牛などの贅沢な食材にとろ~りかけていただきます。
その他、ラクレットチーズのみをたっぷり載せたピッツァも
はちみつをかけて召し上がれ!

t191102_13.jpg
シチューとラクレットの店 cocotte
札幌市中央区南3条西7丁目 狸小路7丁目アーケード内
TEL 011-272-7320




最後はチーズスイーツで〆!
t191102_16.jpg


豊平区月寒に店を構えるケーキ屋さんへ。


t191102_14.jpg


秋口に出している「アイアシェケ」という
ドイツの伝統的なチーズ菓子がおススメ!
ラムレーズン入りベイクドチーズと、
カスタード入りスフレチーズをを重ねた
味わい深いケーキです。


t191102_15.jpg

■ケイク・デ・ボア
札幌市豊平区月寒西3条10丁目1-16
TEL 011-855-5078




こちらも一風かわったチーズケーキ。
t191102_17.jpg


中央区・円山エリアに9月に
オープンしたばかりのケーキ屋さんへ。


t191102_18.jpg


見た目がかわいらしいこちらの「レアチーズ」は
ゼラチンを使っていないので、とろけるような口どけ。
生クリームでコーティングし粉砂糖が振ってあるので
独特の心地よい舌触りになっています。

t191102_19.jpg
■廣川菓子製作所
札幌市中央区大通西22丁目3-1 F002円山1F
TEL 011-215-7818





今回の特集はじゃらん11月号を基にしたオリジナル企画です。
リポーターは安藤麻実さんでした。

カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/6821