旅コミ北海道 じゃらん de GO!
2020年9月 5日 19:00

ツウが教える!〈道央エリア〉の絶品ハンバーグ

t200905_01.jpg

今回はツウの舌をも唸らせた絶品ハンバーグをご紹介。
社団法人日本ハンバーグ協会を代表して大久保快さんにご登場いただき、
各店舗のハンバーグのこだわりを教えてもらいました。
ぎっしりお肉を感じられるものから、ふんわり肉汁たっぷりのものまで!
お好みがきっと見つかる絶品ハンバーグをご紹介しました。






まずは注目の新店へ!
t200905_02.jpg

関東を中心に展開している大人気店が
ついに北海道に初出店ということで、
6月のオープンから行列が絶えないお店です!

t200905_03.jpg

人気NO.1メニューは「山本のハンバーグセット」。
黒毛和牛のひき肉でふわっと焼き上げられたハンバーグには、
卵とマヨネーズを泡立てて作る白いソースがたっぷり。
中にはゴルゴンゾーラチーズを使った自家製のクリームソースも!
月替りの野菜ジュースもおすすめです♪

t200905_04.jpg

■山本のハンバーグ
札幌市中央区北3条西3丁目1 大同生命札幌ビルmiredo 1F
TEL 011--596--0872



続いて、サッポロファクトリー内の人気店へ。
t200905_05.jpg

8年前に惜しまれながら閉店した人気店
ステーキハウス牛亭の味を受け継いでいるお店です。

t200905_06.jpg

「ステーキハンバーグ」は、つなぎなしの牛肉100%のハンバーグ。
脂の配合率まで指定した赤身中心の
北海道産牛をメインにブレンドしたオリジナルブレンドです。
赤身の美味しさを存分に楽しんでもらうため、
ミディアムをオススメしているそう!
鉄皿にご飯を投入して「シメご飯」を楽しのもおすすめです!

t200905_07.jpg

■札幌牛亭 サッポロファクトリー店
札幌市中央区北3条東4丁目 サッポロファクトリー3条館1F アトリウム
TEL 011--271--3700



続いて大通のはずれにある...
t200905_08.jpg

創業61年の老舗洋食店です。
レトロで落ち着いた雰囲気の店内では
懐かしい味わいの洋食メニューが楽しめます。

t200905_09.jpg

「ハンバーグステーキセット」は
創業以来、レシピを変えずに提供しているそう。
北海道産の牛肉と豚肉の合挽を使用していて、
肉感がぎっしり、噛むたび旨みが出てくる逸品です。
デミグラスソースは1週間かけて仕上げているこだわり!

t200905_10.jpg

■レストランにしかわ
札幌市中央区南1条西19丁目
TEL 011--621--2751



恵庭にもハンバーグのおいしいお店が!
t200905_11.jpg

恵庭の自然に囲まれたカフェ。
木のぬくもりを感じる店内には、季節を感じる小物も。
今時季は窓を開放したテラス風のお席でいただけます。

t200905_12.jpg

「手ごねハンバーグ男爵プレート」は遠方から
わざわざ食べにくるお客さんもいる人気メニューだそう!
付け合わせの野菜は、自家菜園の朝採れ野菜。
パンも自家製で香りがとても豊か!ハンバーグを引き立ててくれます。

t200905_13.jpg

■cafe 福座
恵庭市恵南6の12
TEL 0123--32--0293



最後は長沼へ!
t200905_14.jpg

りんご農園直営のファームレストランです。
ログハウスの窓の外には、
北海道を感じられる自然が広がっています。

t200905_15.jpg

「農園ポテトとハンバーグセット」は
農園でとれたリンゴのソースが絶品!
酸味と甘みのバランスがよく、ハンバーグにあいます。
付け合わせのクリームコロッケも、ハンバーグと
同じくらい人気だそうですよ!

t200905_16.jpg

■ファームレストラン ハーベスト
長沼町東4線北13
TEL 0123--89--2822





今回の特集はじゃらん9月号を基にしたオリジナル企画です。
リポーターはaikaさん、徳村里菜さんでした。

カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp7/mt-tb.cgi/7067