1. 【北海道じゃらん】北海道のお出かけ支援サイト >
  2. 全道のお出かけニュース >
  3. 「フレデリック・バック展」開催中!札幌芸...
全道のお出かけニュース
2012年3月17日 10:00

「フレデリック・バック展」開催中!札幌芸術の森美術館

こんにちは!全道ニュース担当です。

札幌芸術の森美術館で始まる注目の企画展が本日から始まっています!

 

『フレデリック・バック展』

あのスタジオジブリの高畑勲、宮崎駿両監督も敬愛しているという

「アニメーション界の至宝」フレデリック・バック氏のスケッチやアニメーションの原画、

アカデミー賞を受賞した「クラック!」「木を植えた男」などのアニメーション作品ダイジェスト映像などを織り交ぜた展覧会です。

フランスのザール地方出身で、イラストレーター、セットデザイナー、アニメーション作家として幅広く活躍し、

現在もモントリオールに住み、創作活動を行う傍ら、自然保護団体の活動などにも参加されているんだとか。

4、ポートレート.jpg

Photo de presse, par Mishel Rouette cSociete Radio-Canada

 

独特の表現力・手法・感性が光る作品の一部をご紹介します。

まずは「木を植えた男」。

たった一人で荒地に木を植え続けた羊飼いが、不毛の地を、緑と生命が息づく場所へと蘇らせるストーリー。

バック氏が5年半の歳月をかけ、2万枚におよぶ作画作業の大半を一人で作り上げたという代表作です。

アカデミー賞短編アニメーション部門受賞作品!

5、木を植えた男.jpg

「木を植えた男」(1987年) cSociete Radio-Canada In partnership with the Atelier Frederic Back,Montreal.

6、木を植えた男.jpg

「木を植えた男」(1987年) cSociete Radio-Canada In partnership with the Atelier Frederic Back,Montreal.

 

 

そして、こちらもアカデミー賞短編アニメーション部門 受賞作品の「クラック!」。

一脚のロッキングチェアが辿る運命を通じて、

失われつつあるケベックの伝統的な生活や文化、家族愛などを描いた作品。

ツヤ消しのセルに色鉛筆で描くというバック氏ならではの手法に注目です!

9、クラック.jpg

「クラック!」(1981年) cSociete Radio-Canada In partnership with the Atelier Frederic Back,Montreal.

 

フレデリック・バック展は5月27日(日)まで開催です!

気になる方は下記開催概要をご覧ください。

 

また、北海道じゃらんサイト「今月のプレゼントコーナー」では

フレデリック・バック展オリジナル色鉛筆&ポストカードを抽選で10名様にご用意しています。

こちらもぜひチェックを!

 

 

 

 

 

■札幌芸術の森美術館

フレデリック・バック展開催期間/2012年3/17(土)~5/27(日)

住所/札幌市南区芸術の森2丁目75

開館時間/9:45~17:00(最終入場16:30)

休館日/3/19(月)、26(月)、4/2(月)、9(月)、16(月)、23(月)

入館料/一般・大学生1100円、中学・高校生900円、小学生600円

問合せ/011-591-0090(札幌芸術の森美術館)

公式HPはこちら 

カテゴリ:

トラックバックURL: http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/mtapp5/mt-tb.cgi/1542