おいしい食材の宝庫・北海道!現地で食べたいのはもちろんだけど、ちょっと行けないアナタのために、
北海道じゃらん編集部が自信を持っておすすめする30品をご紹介!

ニセコ産生乳100%で丁寧に手作りした
日本人好みの北海道らしいチーズ
ニセコフロマージュの「チーズ詰め合わせ」

40004_1.jpg

5年以上かけて完成させた、チーズコンテストで認められた味

 蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山を望む自然豊かな場所にあるニセコ町。そこでのびのびと育った乳牛の搾りたて生乳100%を使って、一つ一つ丁寧に手作りされるニセコフロマージュのチーズ。余市で5年、ニセコに移転して7年、小さな工房からニセコの大地と風土に根ざしたチーズを作り続けるのが関規明代表だ。元スノーボード選手で、日本ナショナルチームのコーチとしてアスリート界第一線で活躍していた経歴を持つ関氏。だが、異業種の分野で自分の納得できるチーズを完成させるまでには長い年月がかかった。
 チーズ作りを学ぶため、門をたたいたのはせたな町の「近藤チーズ工房」。近藤氏は20代の時、本場の技を学ぶためデンマークで修行、マイスターの資格を持つ道内チーズ作りの草分け的存在といわれる方。ここで修行し、販売できるチーズを完成させるまで5年、その努力が実りALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストにて、ストリングチーズが2003年優秀賞、ニセコウォッシュが2007年審査員特別賞、2009年優秀賞、山のチーズが2009年優秀賞を受賞している。

失敗作から誕生した、新食感のクリスピーチーズ

 関氏の作るチーズは一口で表現すると日本人好みの北海道を感じさせる伸びやかなチーズだ。例えばウォッシュ、従来は独特の香りが強く好き嫌いがはっきりするチーズだが、軽い風味で香りも穏やか、中身がとてもクリーミーでウオッシュ初心者にもオススメだ。カマンベールもかなり熟成の進んだものを味わったが、白かびの独特な味がほどよくマイルドで、とろっとした食感が病みつきになる。キャラウェイシード入りハバーチは、嫌みのない香草の爽やかな香りが口中に広がりワインのお供に最高だ。ストロングチーズは北海道ならではの山菜「行者にんにく」入りで、フレッシュなチーズの風味に、行者にんにくの独特の香りとからっとした苦みがとても良く合う。
 面白いのがチーズを焼き上げたクリスピーチーズ。なんでもチーズ作りに奮闘していた頃、大量の試作チーズを捨てていたが、ある日、試しに焼いて友人に配ったら非常に好評だったという。作り方は企業秘密というが、程よい塩味の香ばしいカリカリとしたチーズはまさに新食感。プレーン、韓国唐辛子をつけたピリ辛、あおさ・小エビ入りの山海風味があるので食べ比べてみよう。

ニセコフロマージュの「チーズ詰め合わせ」

ニセコフロマージュの「チーズ詰め合わせ」
「チーズ詰め合わせ」
カマンベールチーズ130g、ストリングチーズ(行者ニンニク)110g、ハバーチ(キャラウェイシード入り)110g、ニセコウォッシュタイプ120g、クリスピーチーズ(プレーン、山海美味、ピリ辛)各32g
4,500円(税込)
btn_tocart.png
ph_main_sample02.jpg

チーズ作りは関代表自らが全て手作業で仕上げるため量が少なく、ネット販売はほとんどしていない

ph_main_sample02.jpg

チーズコンテストで優秀賞を受賞する等、日本人にあった味が評判

ph_main_sample02.jpg

工房と店舗が一緒になっており、フレッシュタイプは作り立ての味を購入できる

ph_main_sample02.jpg

豊かな自然に囲まれたリゾート地・ニセコ。店舗は様々なペンションが立ち並ぶ賑やかなエリアにある

  • 肉製品
  • 農産加工品
  • 水産加工品
  • 乳製品
  • パン・スイーツ
  • ドリンク・調味料

人気商品

北海道じゃらん 〜北海道の観光・お出かけ支援サイト
ページトップに戻る